暖冬と言われてはいますが、さすがに1月に入ると、芯から寒いと感じる日がありますね。
私たちのように、広範囲に車で移動するときは、高速道路情報が欠かせません。途中が通行止めであったり、規制がかかっていたりすると、仕事が遂行できませんから、この季節、お天気さまには逆らえないな・と。
でも、わが社は全国組織なので、もっと寒い地方に行くと、こんなもんで「寒いなんて・・」と
笑われそうなんですけれどもね。それでも、寒いものは寒い!!・・・ですよ。

さて、そんな日々のなかでも、相談電話は続きます。
もう最近とはいえないのですが、社会問題になって久しい「架空請求」におびえる新妻からの
相談電話に、木枯らしの舞う夜の高速を飛ばして逢いにいきました。
新婚二ヶ月目の彼女は、仕事で遅れてすみませんと礼儀正しく挨拶をして、話はじめました。若いけれど、落ち着きがあって、きちんとした話しぶりに、好感がもてます。
自分で意識して登録したのではなくて、誤作動でそうなってしまったという話にも信憑性が持てます。夫には知られたくない・・これは新婚妻なら当然の思いでしょう。
こういう妻の思いは大事にしてあげたいと思います。その上でなにができるか、それを考えるのが、私の仕事です。

話が終わって、彼女の表情が晴れやかに変わるとき、それが自分の仕事の醍醐味だと感じるシーンでもありますね。もちろん、調査結果の報告で、すべてが終了したときも、それはその満足感は当然あるのですが、それは調査の力である部分が大ですから、本当に私の力で
安心させてあげることできたと感じるのは、じつは、この一瞬なんですね。
私と話をすることで安心が得られた・・そうおもっていただけるのはなんと幸せなことなんでしょうか。それを仕事として、自分という人間が成り立っているということは、最高の幸せであると、私は感じています。

面談の結果をOリーダーに報告して、北風の高速を飛ばして家路に向かいながら、ほかほかと暖かいものが流れていくのを感じるのは至福です。
きょうの夕飯が多少まずくても、ま、いいか・・なんて、やさしい気持ちになれる私です。
[PR]

# by sala729 | 2005-01-08 11:20 | Comments(0)

ここ何日かの空白は、けっしておさぼりしたわけでも、ここに綴ることに飽きてしまった訳でもないのです。私たちの仕事は、時間がとて不規則で、真夜中に帰宅したり、急なお泊りになったりすることも日常的なことなのです。ですから、ここに定期的に書き込みすることができない日もでてくるのです。

と、言い訳はこれぐらいにして、H氏の続きに入りましょうね。本人(H氏)も知らないうちに、彼はすっかりここの人気者になってしまいましたが、彼の受難は今回が初めてではありません。なにしろ、酒豪のOリーダーと一緒に仕事をしていたころ、中洲の街でふたりで飲み歩いては、次の時にはもうすっかりお店のおねーさんたちのアイドルになっていた・・と、いう逸話があって、「Hといくと、ホステスさんがみーんな彼のそばに行ってしまう」と、やっかみの陰口がささやかれていたくらいですから・・
あの、家出夫が見つかった奥さんの脳裏から一日も早くH氏の面影が消えることを心から願っている私です。

さて、毎日のようにいろいろな仕事、雑事は入ってくるのですが、ひとつづつそれを辿っているとなかなか魅力的なわが同僚たちをご紹介できないので、合間を縫って、お披露目しますね。
前々回ご紹介のN主任の下にいるのがK班長です。
彼は正真正銘の独身で30ちょっとですが、若くみえますよ。シャイで、Oリーダーのいじられキャラなのですが、それをいやともせず、一身に受けてたじろく姿に母性本能をくすぐられる
女性も多いはず・・。
私たちの仕事のなかでも、とくに調査員は、風俗や出会い系サイトなど、独身男性にとっては、いろいろ誘惑の多い仕事です。そんななかで健気にもがんばっているのですが、時に
がんばりすぎて・・(苦笑)と、いうこともあるのです(・・・内はご想像ください・・)
ということで、好青年のK班長にコンタクトをとご希望の方は、遠慮なくお申し出ください。

ま、同僚たちの紹介はこれからも追ってさせていただきます。なにしろ、約一名、とても
常識だとか、社会通念だとかいう言葉からとおーーい「怪物」がおりますから、このスペースで、ご紹介できるかどうか・・。そして、そのあとのリアクションがどんな展開になるか・・と、思ったら、とて「憂鬱」になる私です。。。
[PR]

# by sala729 | 2005-01-07 12:52 | Comments(2)

わが社の初出は5日で、調査もわたしたちも、お休みのようでお休みでない日々をすごしているのですが、それでもあ~~この日が始まりだなぁって思う日があります。
毎日仕事に追われ、仕事に急き立てられるそんな毎日がすごせたら、「最高!」ですわ(笑)

ところでH氏の危機はさらに続きます
なんと、この日記の愛読者までもが、H氏に逢わせろ、写真を送れと私に迫ってくるのです。
まず、一言申し添えておきますが、わが社はハンサム揃いですよ。リーダーのO氏。N主任。K班長、みなH氏に負けず劣らず・・(でもないかな・・)ま、ともあれ水準以上であることは間違いありません。
ですから、妻子ありのH氏にこれ以上の夫婦の危機がきたら・・どうしましょ。と、心のすみで思いながら、仕方ないわよね~~と、自分の気持ちをなだめている私です。

で、今は23時をはるかに回っていますが一本の電話がまた鳴りました。わたしの依頼者からです。彼は、じつは明日の彼女の様子を見て欲しいといっておきながら、一旦キャンセルしたにもかかわらず、また、やはり明日見て欲しいというのです。
実際、こーいう優柔不断なのが一番困ります。調査の依頼を受けた瞬間から私達は、すぐに手配に入ります。人手、調査車両、機材などなどですね。
そして打ち合わせ。それらが終わって、よしっ!と、なったころ「・・あのう、もうやめます」と
いわれたら、すべての段取りががらがらと・・。
それでも、無理やりやれとはいえず、お受けしてチームをばらしてしまいます。
それをまた、やっぱり明日やって・・といわれると、いくら温厚なN主任もそれは切れますわよ。でも・・そーいうなかなか決めれない性格だからこそ、事実の確認に私達の協力が必要ともいえるわけですから、ここはひとつ「人助け」と思って、N主任、よろしくお願いします(ペコリ)。こうして、また私と依頼者のわがままな一年は始まり、まわりは振りまわされる・・と、いうことです。・・・(いつか、地獄に落ちるわ・・わたし・・)
[PR]

# by sala729 | 2005-01-03 23:47 | Comments(0)

昨日綴りきれなかったのですが、初詣に参りました。
この仕事、案外神頼み・・みたいなことも多くて、Oリーダーの口癖は「墓参りいけよ」なんです・・。初詣は某有名神社なんですが、これがどこなのかはひ・み・つ(笑)。これだけでおわかりの方はいらっしゃるて゜しょうか??
今日は、仕事的には穏やかな一日です。相談のお電話も、なりません。こんな日があってもいいですよね。ただ、現場は動いていますから、心に後ろめたいものをお持ちの方はご用心なさったほうがいいですよ。

こんな穏やかなお正月はビデオでも・・と、思って何年ぶりかでレンタルビデオショップに行きました。そこでなんとなつかしいビデオが・・・。タイトルは「人間の条件」6部作。これは昭和28年製作だそうですが、もちろんそれをリアルタイムで見たわけじゃないのですが、私が中学2年の時、どうしても欲しくて、欲しくてしかたなかった本の映画化されたものだったのです。
当時は映画がすでにあるなんて知らなくて、単行本の2部作がお小遣いで買えず、お年玉を待ち望んで、何十年か前の今日(1月2日ですね)買いに走ったことを思い出しました。とりあえず2本だけ借りて帰って今、見終わったところです。
今みればほんとに青臭いヒューマニスト物語のような気がするのですが、当時の私は間違いなくこの本の影響は強く受けたと思います。そしていいにつけ悪いにつけ、その残滓は今も色濃く残っているように思います。この本は私のいわば「意識のルーツ」のようなものですね。

そして、自分のために、残される人たちのために、今年もきちんと「遺言書」を書き綴り
私のお正月は、すぎて行くのです。

あーあ・・でも、もう明日からはこんなたくさんの時間はいらない。
相談のお電話と、仕事の電話に振りまわされる日々に戻りたい・・と、どこまでも仕事人間の私は思いつづけるのでした。
・・・・(ほんとに、仕事がひまだと機嫌わるいんだから・・『家族のかげの声』)
[PR]

# by sala729 | 2005-01-02 17:19 | Comments(0)

こういう仕事でも、調査員も人の子なら、相談員も人の子。もちろんお正月も来ますよ。お雑煮も食べます。それに案外こういうときは飛び込みの仕事が少なくて、ほんとに貴重な家族サービスの時間になったりするものです。
あの、きびしいOリーダーが、お嬢ちゃんの手をひいて、ぼうやを肩車して・・なんてちょっとほほえましいではありませんか。
しかし、それでも私達の携帯にはいつも依頼者から電話は入ります。急用もあれば、他愛ないこともありますが、それは私達が判断することで、依頼者はそんなことはおかまいなし。
いーんですよ。それでもね。ただ「Hさんの携帯番号教えて。住所は?」・・こーいうのは困ります。それでなくても、いつと゜こに出るかもしれない調査員たちは常に離婚の危機にさらされているのです。だって、突然、今日東京・・と、言ってたのが明日の朝は札幌にいる・・なんてことが続いてごらんなさい。どんなに心の寛い奥さんでも、一度くらいはほんとなの???と、言うでしょう。しかも、調査内容次第では夜のお店にも行きます、フーゾクも呼びます。
これではいくら自らを律していても、他の人に品行方正を証明するのがどれほど難しいか・・
男性諸氏ならよーく判っていただけるはず・・(笑)
そんな夫婦の危機を薄氷を踏む思いですごしている調査員に、そーいう誘惑の電話は聞かせたくないのです(笑)

もともと、女性は自分が困っている時や途方にくれている時に親切にしてもらうと、その相手に過剰意識をもってしまうことがありますね。そして、自分を委ねたくなってしまう・・
でもね。それじゃ、浮気したあなたのご主人と同じですよと、私は言いたいのです。
事実関係がはっきりした以上は、これからのこと、夫婦のことあなたが決めなければならないことは、たくさんあります。
どんなに素敵な調査員であっても、心を動かされても、それでもその方向を見てはいけません。あなたには、あなたのなすべきことがあるはずです。

ハンサムな調査員にはそれはそれでいろいろと悩みや危険もあるのです。今年もH氏のご家庭がご安泰でありますように・・・。
[PR]

# by sala729 | 2005-01-01 16:23 | Comments(2)

いよいよ、年の瀬も迫りに迫ったというのに、困った夫はあとを絶たず・・。昨日から今朝にかけて、情報の女とラブホにいるとの連絡が調査から入る。
夫とは別れたくないという奥さんのいじらしい心根を知っているだけに、今知らせるべきか
知らせざるべきか大いに迷ったが、ともかく一夜明けるまでまとうとおもっていると、早々に奥さんからメールが届く「昨日の様子はどうでしたか。お友達と飲みにいってるとはおもうんですけど・・」・・・しばしの躊躇・・だかしかし、後日この結果は報告書という形でどうせ知らせなくてはならない。嘘を言うわけにはいかないのだ。事実を積み重ね、そしてそのなかからよりよい方法を一緒に探してあげるのが私の役目。一時の同情で道を誤るわけにはいかない。
・・・ええぃっ!!・・「昨日、彼は女とラブホテルに入りました。詳しいことはまだ連絡がきていません。追ってお知らせしますが、今日はがまんしてくださいね。とても無理なことを承知でお願いしています」・・・
というのも、今日は仮の一族が彼の家に集まる日なのだ。この日に取り乱してはあとあとよろしくない。聡明な奥さんの理性に賭けよう・・・だがしかし、メール送って6時間半。奥さんから
は、なんの返信も届かない。結婚後、夫の機能に問題があって子供に恵まれず、やっとの治療で双子の赤ちゃん。その後も跡取りを・という前時代的な夫の要望にさらに無理を重ねて体外受精で男の子まで無理した奥さんにこの仕打ち・・
許せないではありませんか。しかも、奥さんは健気にもまだやり直したいと訴えているのです。

実は、相談者にはこういう理不尽な夫をもった健気妻が多いんですね。なんで、こんな男に・・とおもうこともしばしば・・。ほんとに、仕事がらみでなかったら独身のK班長、E調査員にも紹介したいとおもったりしてるんですが・・
(K班長の独り言・・子供三人はきついっす・・)
                                ・・・・た、たしかに・・(汗)

かくして、2004年も雪の舞う寒い夜にしんしんとすぎていくのでした。。
[PR]

# by sala729 | 2004-12-31 21:04 | Comments(0)

私達の仕事は、日曜日だからといってお休み・・と、いうわけにはいかないのです。
もちろん、お正月もお盆もありません。順番で休みをとりますが、それでも、思うよな家族サービスや予定はいれられないのです。
私は、なにより仕事ずきですから、いつも仕事・・と、いう環境のほうがずっと嬉しいのですが、ご家族にとっては、そうもいかないでしょうね。
もしかしたら、お休み日に調査を入れるプログラム組む、私のこと、嫌っているかも・・なんておもいながら、今日も、お正月早々の調査を入れてしまいました。
水商売の女性と、ふと出来心で浮気をしたら奥さんにばれて、離婚を迫られ、その女性と半同棲していたら、その女性に他の男の影がある・・というのです。

自業自得よ。と、あなたは笑いますか?
確かに、夫として、彼は不実です。奥さんに放り出されてもしかたありません。(彼が放り出されたと言うのです)でも、だからと言って、半同棲の女性に他の男の影があるのを仕方ないと黙認することは別の問題です。
自分の目でその事実を確かめて、本当にそんな事実があるなら、彼は女性とのことを考え直すというのです。考え直して・・それからどうするの?とは、聞けませんでした。

身勝手だけど憎めない。わがままだけど許してしまう。こんな夫婦は世間には多いですね。
我慢するほうがいて、傍若無人な方も存在する・・人間界ってよくできてるじゃないですか。

この仕事をしていると、どんな夫婦関係であっても、それ許して認めてしまえるようになりますね。それがよいことなのか、よくないことなのか・・それの答えはそれぞれの心の中にしまって
おくものでしょうね。

年末とはいえ、案外空いている新幹線からホームに飛び降りて今日もエスカレーターを駆け下りる私です。
[PR]

# by sala729 | 2004-12-30 23:03 | Comments(0)

やりましたよ。わが社の実力発揮!
わが社が全国組織であることはももうここに告知済みてすが、その本領発揮するのは「家出捜査の実力」なんです。発見率は業界ナンバー1。これは言うまでもないのですが、その捜査の実力と執念は、わが社ながら「おそるべし・・」。
2年間の逃亡生活にピリオドを打ってあげたのは、某支社のチームリーダーH氏。山陰を出て、阪神地方をさまよい、仮住まいを続けていた彼を、見つけたのはさすがに「家出のH」と呼ばれている実力です。
H氏は、ハンサムぞろいのわが社のなかで1.2を争う美形です。写真をUPできないのが残念でなりません。ま、それはさておいて、その実力も言うまでもありません。そのH氏からの電話で「○○さんが見つかりました」との一報に、遅れてきたクリスマスプレゼントを見つけたような気持ちが湧き上がりましたが、まずは奥さんにTEL。
電話の向こうで呆然とする奥さんの顔が見えるようです。借金と嘘をかさね、エリートサラリーマンの職を失い、妻と子供と実母まで謝金の海のなかに捨てていった夫でも、夫は夫。だからこそ、探してもいたし、日々を耐えていたのだとおもいます。初対面のときは取り澄まして、冷たい印象すらあった奥さんが、涙まじりで「ありがとうございます」というのを聞くと、こちらの胸も詰まりそうです。
しかし、家出の調査は実はこれからが大本番なのです。
奥さんと夫を引き合わせなくてはいけません。H氏の指揮のもと、愛嬌とのりの軽さでは誰にもまけないI調査員たちが大活躍。早朝のJR駅に奥さんを迎えて、まつこと数十分。
黙って、夫の前に立つ奥さんにしばしの沈黙・・そして、夫は「やぁ」と片手を挙げました。
そうするしかなかったのでしょうね。
H氏たちは遠巻きに見守って、夫婦の会話ができる準備を整えます。

夫婦でどんな話になったのかは、窺い知れませんが、夜になってわたしのところに奥さんから「ありがとうございました。調査のみなさんにもたいへんよくしていただいて、充分にお礼
もいえなかったのですが、よろしくお伝えください。」とまずは型どおりの言葉があって、
少しお話したあと、「ところで、あの責任者の方はなんとおっしゃるのですか?」と、突然の質問。「え・・なにか失礼がありましたか?」と、お聞きすると・・少しはにかんだようなあまやか
な口調で奥さんは「いいえ。とんでもない。とてもやさしくしていただきました。それに・・・素敵な方ですね」と、ぼそっと・・・・
む。むむむ・・・こ、これはへんな方向にいってしまっては大変・・・

「ええ。彼はたいへんな愛妻家なんですよ。最近子供もできましてもうメロメロなんですよ。
ですから、お父さんの家出になると、余計に力が入るようです」と、つい牽制口調で言うと「
そうですか。もう結婚してらっしゃるのですか。お若いとおもったんですけど・・」と、残念なような、まだ心残りのような・・。
では、とどめにとばかり・・「いいえ。彼は若く見えますが、そうでもないんですよ。みなさん
誤解されてますけど、年聞いたらびっくりされますよ。」・・(ごめんなさいH氏。これも
あなたのご家庭を守るためです。ゆるしてください)
まだまだ、H氏のことを聞きたがる奥さんを制して早々に電話を切った私でした。

ほんとに、いろいろなことがあります。
相談者のご家庭もそうですが、調査に携わる彼らも、そういう危険(どんな危険??)にさらされているのです。ほんとに、みなさんがおもってるほど、お気楽な仕事じゅないんですよ。
この仕事も・・
でも、ひそかに、調査員になりたいなんて、おもっている方もあるかも・・(笑)

それでも、家出の発見はなにより嬉しいです。
家族の方の涙、涙の喜びをまのあたりにすると、この仕事の醍醐味としみじみ感じます。

今日もいい一日でした。。。
[PR]

# by sala729 | 2004-12-29 09:55 | Comments(0)