春になって、日の出が早くなったとはいえ、こんな朝っぱらからの
相談電話です。

「わたくしねぇ、そちらが出来るかどうかお伺いしたいのよ。」と
それなりのお年とは思われますが、甲高いはっきりとした声の女性です。
「どういうことでしょうか?」
起きざましとは悟られないように、一息ついて落ち着いて返したつもりです。

「どういうって・・まら、あれ。あれよ。」

あれって言われても・・・どれ??

「いまお電話受けたばかりで、お話しておりませんので、あれと
仰られても、判りかねますが・・」慇懃無礼すれすれの言葉遣いで問い返すと

「あら、そーだったよね。いやだわ。わたくしとしたことが・・」と
次に高笑いが聞こえそうなテンションの高さ。

「あのほら、DNA鑑定ってありますでしょ?」

またか・・・あの芸能人親子の騒動以来この手のご相談は増えました。

もともと、あるにはあったのですが、増えたのはまさにあれ以来です。


「わたくしの息子が神戸におりますの。その息子と息子の息子の親子鑑定の
ために息子の息子の髪の毛が欲しいのですけれど・・・それ、取って来ては
くれません?」

取って来てって・・・人の頭髪を「はい。ちょっとごめんね~」なんて
言いながら取れるはずないじゃないですかっ!
と、言いたいのをぐっと堪えて

「頭髪でというなら、毛根も付いていないといけないですから、お孫さんの
お部屋でないと取れないということになりますから、それはできないですね。」


「いーえ。息子の息子はもう今年から社会人です。人伝てに聞くと、ソフトバンク
やらに勤務しているらしいです。東京のね。本社よ。きっと。」

「ならば、なおさらそんな大勢の人が出入りする洗面所で、お孫さんの頭髪を
限定して持ち帰ることなんてできないですね。」

「あ~ら。そーなの。何もできないのねぇ。」と、鼻にかかった声に人間の
出来ていないわたくしは、むっときました(笑)


「それに、ご本人の承諾なしにそんなことをしても、誰の為にもなりませんよ。」

「いいえっ。わたくしが知りたいのです。ええ。息子は離婚して以来
きちんと養育費は払い続けておりました。
でも、息子たちが結婚するとき、嫁には他に交際相手がいたのです。
それを息子が奪い取って結婚したんです。
そしたら、出来た子供が息子に少しも似ていなくて・・・

わたくしはね、出した養育費返せなんてそんなこと申しているのでは
ありませんよ。わたくしはそんなケチな了見はもっておりません。
時間を返せともおもっておりません。
ただ、ただ真実が知りたいだけですのよ。そして息子にそれを知らせて
やりたいと思っているだけですのよ。」

「息子さんがそれをお望みなのですか?」

「いいえ。息子は迷っています。知りたくないと言ったり、偶然で
判れば・・など言っておりますので、本心は知りたいのではないかと
思っております。昔から探究心の強い子でしたから・・」

・・・いや、それは探究心ではなく、単に迷っているだけで、ホンネは知りたく
ないってことですよ。


「わたくしが知りたいのです。はっきりと。」

「知ってどうなさるのですか?」

「え?」

「だから知ってどうなさるのかと・・」

「ど、どうもしませんよ。今更嫁を責めたりしません。わたくしは
そんな・・」
「了見の狭い女ではないんですよね?」
「え、ええ。そーですとも。」



これこそ、余計なお世話というやつですね。
知らなくていい事や、知らなくていい人までが、そんなに事を暴いて
どうなるというのです?



秘密を抱えて、生を終えるというのは、なかなかに根性のいることです。
でも、人間ひとつやふたつ、そんな抱えるものがあってもいいでしょう。
長いこと生きてきたのだから・・・

え?
私の秘密?
・・・・多すぎて、どれを告白したのかしてなかったのか、整理が
つきませんわ。(^^)/
[PR]

by sala729 | 2014-04-09 14:35 | Comments(2)

同じような才能の「偽装」問題なのに(こういう括り方にご異議も
ありましょうが、所詮おババですので、ざっくりとこの程度の認識と
お笑いください)
佐村河内氏と、小保方嬢とではその収束の速度と関心がだいぶ違うように
感じています。

私などは、佐村河内氏には一片の同情も抱きませんが、連日非難されている
小保方嬢については、その叩かれ方のヒステリック加減に、日々同情が
増してきています。

先に、佐村河内氏について触れますが、彼のあの行為は、幼稚な「目立ち
たがり」に、世の常識基準のNHKが、乗っちゃった・・・というのが
すべてでしょう。
私もあの番組見ました。見ての感想の第一声は「うさんくさ」だった
そうです。(自分で何行ったかは覚えてないのですが、家人がそう言って
いました)

もともと、NHKの「クローズアップ現代」あの、大上段に構えた正義主義の
番組は、見ていてこちらが恥ずかしくなることしばしばです。

貧困・孤独・戦争・飢餓・・・そのテーマのどれもに、きちんとスーツを着て
綺麗に髪をセットして、テーブルの下に足を斜めに流して、決して若くはない
でも、自分に知性と教養の美があることを確信している女性キャスターが
したり顔で正義を説いている姿ほど、嘘っぽいものはありません。

ちょうど我が家の食事時間帯で、NHKっ子の家人がつけているものですから
自然と耳目に入るので、私も見ています。
100回に1回くらいは、ふむふむと納得することもあります。


「現代のベートーベン」笑わせないでよと、その時もつぶやいたらしいの
ですが、もちろん今はもっと強く思っていますよ。
「何々の何」って中で、唯一認められるのは「難波のモーツァルト」キダタロー
氏だけですよ(笑)



さて、ここからが今日の本番(笑)
小保方嬢についてです。STAP細胞が嘘か誠か日々報道されて、とうとう
捏造と決め付けられてしまいました。
(もちろん、ご本人は抗議しています。当然でしょうね)
でも、彼女はこの研究をたった一人でやったわけではないのでしょう?
理化学研究所なんて、私などが遠く仰ぎ見ることさえなかった、明晰な
頭脳集団の中で(なんたって理事長があの、野依さんですよ)彼女に
研究リーダーという地位を与えていたなら、与えた責任は誰にもないのですかね?

一般的な社会常識から言うなら、部下の責任は上司の責任。引責辞任があっても
おかしくない・・・とは思いませんか?
それを新聞やテレビで、「アレは彼女の単独の捏造」みたいな言い方は、
ちよっとないんじゃないかと・・

恐れ多くも、ノーベル賞受賞者の野依先生に大変失礼ながら、社会的責任の
取り方をご存知ないのかしら?と、思った次第です。


そもそも、老若男女あまたの研究者がおりながら、その誰一人も
達成できなかったことを、やろう。やったという女子です。
多少のフライングはあったとしても、不思議じゃないと私などは思います。

「あっ!」と、叫んだ結果に、マスコミが飛びついて、派手に宣伝して・・
その、あっ!のあとが、尻すぼみになったとたん、彼女の周囲の悪意がまるで
あふれでるようなバッシング。

誰もしないようなことを、しょうとした女子ですよ。多少人と違うことは
当然です。普通の子に、新しいことが見つけられるはずがない。
フライングもあるかもしれない。
もしかしたら、ちよっとぐらいは意図的な改竄もあったかもしれない・・
でも、それでも今になっても、誰一人も彼女を庇ったり、同情したりする
人が現れないのはなぜ?

ここで庇うと、理研に・・いや、日本の科学界にいられなくなるの?
長老博士たちの嫉妬を買うの?
もしかして、彼女のも案外それくらい単純なことだったりして・・

今までの生きてきた経験から言うと、得てしてこういう成果は、妬まれやすい。
そして、男の嫉妬は、女の何倍もしっこくいやらしい(笑)

日本の頭脳集団を深く敬愛しているわたくしは、できることなら世界の
野依理事長に、小保方嬢の行為を「研究者としてあるまじき行為ではあるが
パイオニアとしての精神は多いに買いたい。若手のフライングとして、
皆さんには、私からお詫びする。」くらいは言って欲しかったですね。
そしたら・・・野依先生はお望みにならないでしょうし、むしろ
ご迷惑でしょうが、私は心から先生をご尊敬申し上げ、心酔する
ことでしょう。

マスコミのみなさんも、自分たちでお祭り騒ぎ起こしておいて、うら若き
しかも、まだまだ前途のある小保方嬢をここまで叩いて、あとで
後悔するようになったらどうします?
・・・・あ、そうですね。日本のマスコミは、自省や後悔という言葉は
知らないんでしたね。
・・・・・・・・・これこそが、日本の恥部です。
[PR]

by sala729 | 2014-04-02 12:08 | Comments(2)