今月も押し迫っているというのに、しかもこんなにお暇状態だというのに
昨日も、私・・映画に行って参りました(笑)
昨年末に予告編を見てから、絶対に行こうと決めていた「ハンナ・アーレント」
今月22日から、お馴染のソレイユで始っています。


話は、1960年代にナチの残党アイヒマンが、イスラエルのモサドに
捕縛されるところから始ります。
アイヒマンといえば、私などでも知っているかの悪名高きSSの指導者の
一人で、彼がユダヤ人の搬送を指示していたという人物です。

当然、捕縛と裁判は全世界の注目となり、特に世界に散らばるユダヤ人たちの
憎悪と興味は、アイヒマンに注がれます。

その裁判を傍聴したいと、望んだのが、ハンナ・アーレントです。
彼女自身がユダヤ人であり、収容所経験者であり、脱走者、亡命者であった上に
現在はなにより、米国で教鞭を取る哲学者でもありました。
彼女は裁判のすべてを傍聴し、そしてその書評をアメリカのマスコミに発表
します。
「アイヒマンのやったことは、彼個人の罪問題ではなく、人類の問題であって
普通の人間が、組織や社会の流れの中で、その流れに従うことは誰にでもある。
また、ユダヤ人の中にも、その指導者的立場の人間でありながら、ドイツの意向に
逆らえずに、結果的に協力した人間もいた。」と、ざっくり言うなら、こんな
論旨です。

ユダヤだけでなく、全世界は「反ナチ」ですから、この論評は大きな波紋を
呼びます。
アメリカのどこでもいる平和主義者たちからは非難され、イスラエルからは
狙われ、何より自身のユダヤ人の友人たちからも、非難され排斥されます。


当時、ユダヤ人の指導者も協力者などということを言う人間はいなかったらしい
のですが、これは真実と私も思います。


と言うのも、私の好きな映画に「ソフィーの選択」というのがありますが、
これが名作というのに、どこにもビデオがない。
何の理由からか判らなかったのですが、待ちに待って昨年、wowowで見て
感動しましたが、この中にもソフィーの父が、(確かユダヤ系のポーランド人)
結果的にドイツの協力者のようなことをしていました。
とても、下世話な言い方をすれば「同胞を売っていた」のですね。

今になって思い返せば、このシーンなどが、何かの権力にひっかかって、
ビデオ化が進まなかったのかもしれないと、ほぼ確信しています。



ハンナは、自分を非難する人たちと学生を前に、朗々と自説を述べます。
若き学生たちは、その熱い言葉を受け入れられるのですが、学生に混じって
公聴していた、彼女の古い友人は、どうしてもそれを受け入れられず去り
大学の関係者たちは彼女から距離を置こうとします。

この映画に結末はありません。
自説を曲げない事で、得たものもあれば、失ったものも多いことを知らされる
だけです。
でも、失っても、それでも言わなければいけないことや、曲げられないことが
あることを静かに、強く訴えてきます。
ラストで彼女の夫のハインリッヒが「こんな結果になると判っていたら、
君はこの論評を出すことを辞めていたか?」と尋ねると、しばし時間を置いて
彼女は一言「いいえ」と答えます。

子供のいない彼らにとって、かけがえのない友人達を失っても、訴えなければ
いけないことや、その立場の人間はいるのです。


日本もかって、戦前、戦中は、国や組織の煽動に多くの人たちは迷いなく
乗っていたではありませんか。
そして、戦後になっての掌返しを、かっては多くの人たちが経験してきた
ではありませんか。

組織や国家の前では、個々の人間は本当に無力です。

その中で、どうすれば自分は自分らしく生きられるのか・・久しぶりに
そんな蒼い論争を自分の中にふつふつと感じた映画でした。

これだから、映画はやめられません(^^)
[PR]

by sala729 | 2014-02-25 12:10 | Comments(0)

わたくしは、今年で大台を越えます。(この大台が何十代なのかは、皆様の
ご想像にお任せしますが・・・と、いうより皆様にはあまり興味のないこと
ではないかと考えます)

そこではたと考えた・・と言う訳ではないのですが、常々考えていたことを
周りの者たちに、少しづつ披瀝しましたところ、これが賛否両論、喧々諤々。
ま、当たり前なんですけどね、私の提言で多くの人が「それはいいっ!」と
賛意を示してくださったことは、自慢ではありませんが、今まで一度もありません。

それを承知でまたまたここで披瀝しょうとしているのですから、懲りないというか
反省が足りないというか・・・数多のご意見は耳から逃して、ちよっと
お聞きくださいますか?←やっぱり、言いたいんじゃんと笑う家人を一瞥して
話は続きます。


自らの余命を顧みた時、おもいたったのですが、すべての人に、60才時点で
「希望生存年数申告制」を賦課してみてはどうかと思うのです。
例えば「あと10年」でも「20年」でもよいです。
それはその人それぞれの理由と条件があるでしょうから。

でも、そうやって余命を区切るとまず一番に自分の現在の手持ちのお金を
計画的に使うことができます。
日本の多くの高齢者が溜め込んだ財産を使えないのは、自分があといくら
生きるかが判っていないからです。
もしも・・の、不安が大きすぎて使うべき時に使わず、爪に灯を点すように
暮らして、結局はアホ息子や、極道娘たちに濡れての泡の、始末の悪い
遺産を残すことになるのです。

もし自分があと10年と決めたら、クルーズにだって、南極にだって、
外国で生活するという選択だって、多くの人ができます。
自分のしたいことをし尽くして、幸せな人生の閉じ方ができるのでは
ないでしょうか?

でも、人間だからそんな上手いこと10年では死ねなかったら?と
びんぼーリアリストの家人は問います。
その時は「痛まず、苦しまず、長く考えず」に、死ねる選択ができるように
法的整備を整えておきます。

世の中には、もう十分生きた。このまま幸せに死にたいと思う人も、案外
多いと思いますよ。
そしてまた、この方法が現実化したら、その数はさらに増えるでしょう。
そして、宣告時間は優先されますので、その間に死に瀕する病気や怪我に
なった場合は、公費で最大限の手当てを受けられます。


もしも、希望年数に達したとき、まだ生きていたと願うなら、それはそれで
ありですが、その時には公的扶助はもちろん減額されますし、自分の財産の
相続は禁止されます。すべて公的財産として没収され、それはこの後の、
このシステムの継続のための資金として使われます。


家人はう~んと考え込みますが、この案、最初に聞いた人はみんな「いやぁ
そんなぁ」と嫌悪感を見せるのですが、何度かぶっていると、段々感化される
のか(笑)・・・それもありかもと言うこともあるのです。(もちろん
一部ですが・・)

自分のお金は自分で使う。
消費が増え、経済は回り、残された親族は相続で余計な争いをしなくてすみます。
しかも、自分のお金で自分が楽しく暮らすのですから、誰に遠慮もいらず
幸せな最期が迎えられるでしょう。
今流行りのエンディングノートも、具体的に書けますよね。

こうして、準備して死ねるというのは、もしかしたら人生の一番の幸せでは
ないかとさえ思います。


ここまでいうと、更に家人が
「でも、そういう人に限って、あっという間に突然死ぬんだよね。」とぽつり。
確かにそれは、判ります。

いずれにしても「死」は、私達人間の力など、とうてい及ばない処に厳然と
あるものなのです。
一人で生まれて、一人で死ぬ。これが人の運命です。
でも、そのぎりぎりのところまで、自分の行き方をプロデュースしていたい
というのが、妄想おババの本音です。
[PR]

by sala729 | 2014-02-17 15:10 | Comments(0)

この場を忘れているわけではないのですが、こうも長い間ブログを続けていると
しばし、こういう「時」が訪れます。
忘れているわけでも、いやになっているわけでもないのに、何も書こうという
気がしない時。

こんな時は、もう思うがまま、ほったらかしにしておきます(笑)
ブログは、仕事ではありませんし、生きる糧でもありません。
ただ「楽しみ」の中のひとつとして記しているのです。
・・・すみません。見ていただいて方の中には、ひょっとして真面目に
考えていただいている方がいらしたら・・・なんてことはありませんよね。



私はブログ以外にも、日記も書いておりますし、日々の徒然はシステム手帳にも
覚書ノートにも、認めておりますので(要はメモ魔というやつです。笑)
ここに書きたくなかったら書かない。
どこかに、書くかも・・・と、自然体に生きておりますので、これを
家人は、わがままに生きていると申しますが・・・


この傾向は、年々強まり、大きな区切りの年を目の前に、更に自由に生きる
自分をそら怖ろしくさえ感じるようになりました。
だからといって、生き方を正したり、姿勢を整えたりとはしないところが
私の私たる由縁でありまして・・・ああ、なんだかごちゃごちゃと言い訳ばかり。


朝のニュースで、うら若い沙羅ちゃんを取り囲んで、涙のひとつも撮ってやろうと
身構える日本のマスコミの意地悪さに、我を忘れて怒る今朝の私は
案の定、熱過ぎるカフェ・オレの洗礼を受け、今もひりひり傷む喉を持て余し
自分の不手際を、他人のせいにして溜飲を下げるのでした。
・・・・なんだこりゃ?
支離滅裂、傍若無人、唯我独尊、我儘気儘・・・どんな言葉も当てはまるような
はまらないような、そんな自由な一日の始まりです。
[PR]

by sala729 | 2014-02-12 11:57 | Comments(0)