今年も残り少なくなってまいりました。

正直、年とともに体力的な衰えは感じております。二夜続けての
夜更かしや徹夜が辛くなったとか、走ったり跳んだりは、もともと嫌いでは
ありましたが、最近は嫌いというより、出来なくなったというほうが正しい
くらいの有様です。
そしてよく、ものに躓きます。何もないところにです。しかも、それを
堪えきれない。つっ・・と、前なら躓いてもなんとか踏ん張れたのに、
それが出来ずにパタン。

しかも、物を手にしていたらとっさにそれを放り出して体を支える・・
そんな簡単なことができなくなっています。
鼻っ柱を床に当てて、「あら、私って鼻、高かったんだ・・」なんて
余裕は・・・ありません。あ、いたた・・・。。。


それに反するように、口舌のほうは、滑らかになる一方で、将来はどんな
嫌われ者ババァになるかが楽しみです(^^)
年を経て、一番よかったなと思うのは「言えることの範囲が毎年広がって
くる」ということです。
青二才や、生意気小僧を前に「何言ってるのよ。10年早いっ!」と、一喝
できるのも、この年ならばこそ。


そう考えると、出来なくなることも、出来る事もあって、プラスマイナスは
上手くできているということでしょうか。


私とて、世間の皆様程度には、自分の老後というものは考えております。
(いやいや、世間並みなんてことは絶対ないっ!と、家族は口を揃えて
言いますが・・)

それはともあれ、自分の最期は自分では決められないのです。
これは、世界中のどなたさまも同じです。
死は与えられたときに受け止めるしかない・・・と、思っています。
当然心残りもありましょう。
でも、それでも仕方がない。心残りのない死などあり得ないのです。

私の死生観はここから出発しています。

私は自分の死後をあれこれ家族に言い残していますし、書き残してもいます。
家族がそれを実行するかしないかは、判りませんし、確かめられないので
自分で残しておくという行為だけで満足です。
できないことをとやかく思い悩むことは不毛です。

この年まで生きてくると、自分の出来る事の限界がうすうすですが見えてきます。
これも年を取るという行為の、有意義な点の一つですね。
それが見えてくるから、言い残したり、書き残したりできるのです。

あとは、「おまけ」の時間ですから、楽しくゆったりと時間を過ごしたいものです。
自分のしたことや、好きなことに囲まれて・・・と、ここまで綴っていると
ブログを横からひょいと覗いた家人が・・・

「別に、今更何言ってるのよ。これまでだって、ずーーーっと、好きに
過ごしてきたじゃん。これ以上、どーしたいの?」


・・・・・・・・・・・・・・・・むっ・・むむ・・
人が折角年の瀬に、ちょっと気の効いた「歳時記」書こうかとしてたのに、
なによ!この無作法な割り込み。


私達の次の年も、どうやら今年と同じように明けるみたいです。(笑)
[PR]

by sala729 | 2013-12-26 12:15 | Comments(0)

「血は水よりも濃し」とは、誰の言葉かは知りませんが、まぁよくもこんな
「いいかげん」なことを・・・と、私は思っています。


もうすぐ、婚外子の相続格差が解消され嫡出子と婚外子との間の遺産相続分の
格差がなくなるようです。
仕事柄こういうニュースには耳目を立てずにはおれませんが、私はこの
法律の制定には疑問・・というより反対しています。



確かに、父と母の関係と子供の境遇を、子供自身はどうすることもできません。
でも、それを言うなら貧富の差だって、生まれながらの環境の差だって、子供
自身にはどうすることもできないではありませんか?


どんな綺麗事を言っても、どんな世界にでも「格差」はあるのです。
格差のない社会なんて、この世である以上「ない」なんて処はひとつも
ありません。
でも、それを受け止めて乗り越えて、乗り越えられない人もいて、更に
進んで・・・転がって・・そういう人たちが生まれて、生きて、死ぬのが
この世の中というものではありませんか?


男と女が出会い、結ばれ、神の前で、血縁や友人の前で互いの愛と誠実を
誓い、子をなし・・・その過程で男は結ばれた女以外の女を求めて、子をなし・・
結ばれた女は、自分の家庭と子を守り、忍耐や諦観を友達に家庭生活を守り
通してきた結果が、亡くなった夫の財産を、「その女の子」に、「自分の子
と同等」に分け与えなくてはならない屈辱と怒りを、法の制定者には判らない
のでしょうね。
(だって、彼らは、お・と・こ・ですもの。)


私は夫を亡くした女ですから、もし亡夫がそうであったとしたらという想像は
できます。
・・・・もちろん、嫌です。

子供に罪がないことは判っています。夫の責任であることも判っています。
でも、夫の責任は夫が取るべきで、夫亡き後の妻やその家族に皺寄せがくるもの
ではないのではないですか?
夫が亡くなったという衝撃の大きさにだけでも、耐えかねているのに、
他に女がいて、子がいて、しかもその子に自分の子と同じ資格を与えなければ
ならないという理不尽。
これを理不尽と言わず、なんと言いましょう。

こんなことが許されるなら、日本の婚姻制度は瓦解します。
というより、必要ないでしょう。
何にも守られず、縛られるだけの制度なんて、なんの値打ちがあるでしょう。

「明治時代から続く婚外子への差別の是正」と、裁判所は言いますが、その
もともとは、婚姻制度に背いて、別の女との間に子をなしたことにあるわけで
死後、その責任を残された妻子にあてがうなんて許されません。
婚外子の母も、その立場は十分に判っていたはずで、知らなかったというのなら
それは自分の不明を恥じるだけでしょう。


女たちよ立ち上がれ!
もともと「死後認知」などという妻の目を欺いたような制度があることすら
男達の甘えとしか思えないのに、その上の今回の民法の改正。


私は、夫亡き後、一度死んで生まれ変わりましたので、今はそういう
制度や、しきたりとは無縁の暮らしをしておりますが(もちろん、自分勝手に
です。笑)このニュースを見たときには、私の多くの友人(健全な夫婦生活を
営んでおります)の、静かな怒りを感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sala729 | 2013-12-05 11:20 | Comments(2)

今年も、もう12月に入りました。
本当に、月日は年を経るが毎に「光陰矢のごとし」という言葉を実感する
ように速度を増していくようです。


なんて、したり顔で言いつつも、現実の中ではいろいろな事に巻き込まれたりして
右往左往しているのも、私なのですよ(笑)



先日の夜遅くの相談電話に、いや~な予感を抱きつつ、相手の中尾さん(52才)の
指定した喫茶店に辿りついた途端、私はそのまま引き返したくなりました(泣)

だいたい場所からして、公営ギャンブルの雄「競輪場」の裏手。
喫茶店の名前は「まくり」・・・・はぁぁぁ~~



私は人間界で何が嫌いといって、ギャンブルほど嫌いなものはありません。
子供時代のトラウマと家族は言いますが、もちろんそれもあるでしょうが
現在の私の中には「ギャンブル免疫拒否症候群」とでも名づけたい位の
アレルゲンが育っています。

仕事柄、それが三度のメシよりも・・という方には何度もお逢いしていますが
それは仕事と割り切っているからできる芸当です。

・・・・・正直、ギャンブルにのめり込む人は「人間として生きる資格が
ない」とさえ言い切れます。



そんな私がなんの因果か(もちろん仕事故ですが・・)こんなところに、
しかもこんなところを指定するくらいですから、かの中尾さんも、きっと
そういうご趣味なんだろうなと思うと、心は落ち込むばかりです。

そうして辿りついた「まくり」
午前10時がすぐというのに、外から見れば灯りが付いているかいないか
判らないくらいの外ガラスの曇り。
外観見ただけで、中が想像できそうな、どんよりと汚れた外壁とドア。
触りたくないけれど、押さないと開かないドアノブを指先で押すのは、却って
力が入ります。


薄暗い店内を見回して、めまいがしそうでした・・・・・

案外広い店内にある12~3個のガラステーブルは「いつ拭いた?」と
突っ込みたくなるような汚れ加減。
そして椅子の殆どは、布が破れスプリングが飛び出しています。
全体にくらーい室内に流れているのは、テレビに映った競輪中継。

どこに座ろうか・・・・見回してもテーブルに面した椅子で無傷の
ものは・・・ない。
ないって・・ないって・・・ど、どーしょう????

仕方なく、比較的傷の浅い椅子のへりにちょんとお尻を落として、
手にしたバッグをどこへ置こうかと・・・
すると、マスターらしい大柄の男性がお冷をもってどん。

「ほ、ホットを。」
マスターの指の跡がついたウォータカップが目の前に。



もう、面談どころではありません。
私は一刻も早くここから出たい・・・・
油と埃にテカテカと光った床は、元の色が何色かすでに想像もつきません。

そして覆いかぶさるような全体に暗くておもーーーい空気。

長い一分がすぎようとした頃、中尾さんが見えました。
しかも、彼・・・なんともまぁ、この店に見事に溶け込んでいます・・・

自己紹介も気もそぞろ・・・
そして運ばれてきたコーヒーがふたつ。
お約束のように、真っ黒に爪をしたマスターの太っとい親指がカップの
内側でコーヒーの中に沈んでいます。

そのコーヒーに砂糖とミルクをたっぷり入れてかき回して、ずずっと
すすりこむ中尾さん・・・・


いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~


もう、これは十分「怪奇」・・・・ホラーです。




叫びだしたい自分を、職業倫理がようやく抑えて「判りました。でも
そうなると調査は難しいですね。申し訳ありませんが・・」

「いや、前のところでもそう言われたんよ。でも、隣の女とおばが、うちの
家をじっと見てるのは間違いないんよ。」

「でも、そういう証明はとても難しいです。」
「それはお金がかかるということ?」
「それもあります。」
「ボク、今、無職やしな・・」
「そうですね。また、何かの折に・・・」
もう二度と会いたくないと言わなかったのは、私の職業意識です(笑)

ボクが払いますと言った言葉をそのまま有難く頂戴して、息を止めて
店を出た私は、外の空気を美味しいと心から思いましたね。

5分ほど歩いて、潮風の届くあたりまでくると、バッグを足元において
本当に久しぶり深い、ふかーーい深呼吸を繰り返して、こんな体を張った
面談はいつ以来かと思い返していました。

たしかに、死ぬほどの強烈な匂いと黴に覆われたような場所ではありましたが、
10年ほど前までは、そういうところでの面談、ちっとも珍しくなかったはず。
自分の誕生日に、現場帰りの作業員さんと狭いスペースで隣り合わせてその
強烈な体臭にヨロヨロと帰りの電車に乗り込み、我慢しきれず下車まで嘔吐を
繰り返したこともありました。
さんざんな誕生日に、自宅に帰り着いて家族に当り散らしたものでした(笑)

ネズミの屍骸の隣で面談したこともありました。

ゴキブリなんて、仕事と思えば声も出さずに耐えられました。


そんなこんなを思えば、最近は軟弱にすぎたのかもしれません。
口だけが激烈になって、行動は守りに入っていたのかもしれません。。。


とは思うものの・・・・や、やっぱり体は正直です。(^^:)
[PR]

by sala729 | 2013-12-03 12:27 | Comments(0)