その男みたいなのを「懲りない男」と呼ぶのでしょう。

15年前に、浮気をした女に「母が病気」「兄が交通事故」「兄嫁が
異常妊娠」と、泣きつかれ縋られてホイホイとお金を用立てたあげく、
女の夫という人間が現れ「公にしたくなかったら」と絵に描いたような
美人局にひっかかり、結局は1500万以上を貢いで妻にその
尻拭いをしてもらったことをすっかり忘れたのか、その男、今度は
会社の女の子に手を出しました。

相手はバチいち。子供あり。夫がいないのが幸い・・なのか、どうか
今のところ不明ですが・・。
奥さんはもう許すつもりはないと息巻いています。

奥さんは結婚以来、ずっと専業主婦で、男は名前を言えば誰でも
知っている企業に勤めています。
あと5年もすれば停年ですが、前述の行為のおかげで男宅には、停年を期に
自宅を購入という夢が潰えました。

変更した予定では男の実家を改築して、老父母と同居ということになっていたらしい
です。しかし、今の事実を前にそれも風前の灯。
というのも、今回奥さんは「離婚」を固く決めているのだそうです。

証拠を取って、退職金の半分もらって、年金も貰って、24歳の娘は声楽の
勉強でいまイタリアにいるそうですがその教育費も払ってもらって、慰謝料と
生活費も貰って・・と、彼女は彼女なりにいろいろ算段していますが、
正直、これは「取らぬタヌキのなんとやら」です。

まだ受け取っていない退職金の半分はどうやって取るか?
夫の年金はいくらなのか、いくら学生とはいえ24歳の娘の学費は全額
夫が負担するものなのか・・・

そして肝腎の今現在のその家の預貯金は把握してますか?とお聞きすると
自分は生活費しか貰っていない。貯金は夫が財形貯蓄と社内預金でしている
と、言います。
それは、夫任せということですね。

「私は専業主婦ですが、夫の愚痴も聞いてやりました。健康管理に気をつけて
食事も考えました。お手伝いさんから、メンタル相談までしてきたので、その
分の報酬を支払ってもらうのは当然の権利です。」奥さんは、決然と主張
しますが、それは間違っているとはいえないまでも、現実的かといえば
疑問符がいくつか並ぶでしょう。



失礼ながらこのパターンは専業主婦さんに多く見受けられる気がします。
ご批判を覚悟で言うなら、こういう方を私は「世間知らず」と呼びます。

仰っていることや、権利の主張は間違ってはいないのですが、出来るかどうかと
なれば、これはかなり難しい。と言うより、無理です。
離婚は、今までの巣から飛び立たなくてはいけないのです。
それが例え、相手の非によるものだとしても・・・
その時の準備は、できる限りフル装備で迎えねばなりません。
頭でっかちの「机上理論武装」だけでは、これから先に続く自分の生活
娘の将来を有利に迎えることはできません。

自分がしたいことと、出来ることは別だという自覚を持つことが最優先です。


すべてを悲観的に捕える方はそれはそれで困りますが、こういった
テレビの訳知り気のコメンテーターの言い分を真に受けて、なんでも
できると思い込む方も困ったものです。

そしてそういう方というのは、往々にしてこちらの言い分を聞いては
下さいません。
そして自分の耳に良い様なことを言う処に流れていきます。

一歩ひいて自分を見れば判ることなのに、それができません。
そんな時、自分の力不足を痛感しますね。

「良薬は口に苦し」と古人の諺を思い出してほしいものです。
[PR]

by sala729 | 2013-08-30 12:16 | Comments(2)

ほっほっほ~

高笑いから始ってなんなんですけど、私100メートル自由形、
達成いたしましたっ!!(^^)

いやぁ、ホントのこと言いますと、100メートルをクロールで
泳いだことは事実です。2回達成しました。

まず経緯から・・(いや、聞きたくはなくても、私は話たいので
このままお聞きください。笑)

先月の終わりに娘の個人レッスン受けてから、水泳熱はますます過熱
しました。
お盆はジムがお休みになるので、当然プールも使えません。
そこで、私達(もちろん家人も一緒です)は、近くの市民プールを利用
することにしました。
お墓参りもそこそこに(ごめんなさい。ご先祖様・・)翌13日から三日間
通いました。
そしてその間には、NHKでお笑いタレントの虻川美穂子さんを生徒に
オリンピックスイマーの田中さんが教えてくださる水泳教室をビデオに撮り
熱心に二人で見ました。

リビングで並んで、クロールの腕を宙に向かってかいでいる私達の姿は
とても人様にはお見せできませんが、それなりに真剣でした。

それで一応納得してプールに・・・
そこはそれ大人ですから、何時間いても、誰にも叱られることもなく、
追い立てられることもなく、ブツブツと1.2.3と数えながらの
息継ぎを好きなだけ繰り返すことができます。

子供たちの少ない午前中。お昼ごはん時、そして夕方と、人気のない時間帯を
狙い撃ちしての練習です。

でも、連日の練習の効果は大でした。
2日目には、背泳ぎの腕が回せるようになり、三日目にはクロールで50メートルが
余裕でこなせるようになりました。


そして、お盆も終わった17日、ジムでのレッスンを終えて、自由に泳ぎはじめて
しばらくすると、なんだか「軽い~」一回折り返して、2回折り返し。あれ?・・
三回折り返し・・・うっそぉ・・・もしかして・・・

そんな高鳴りを鎮めながら、ゴール!!
隣の家人もびっくりです。
娘に教わった、1.2.3をリズムに乗って繰り返せていると、思うより
スイスイと水に乗れます。

「やったね~」今日は家人の賞賛も素直に聞けます。


そして、先日、またまた娘の個人レッスン受けようと、チビも交えて四人で
市民プールに行きました。
そこでターンの指導を受けたのですが、これがまた・・・・なかなか
できません。

悔しいことに、チビですら、三回に一回は援助なしで、クルリと回る
のです。しかも
「ね。ね、、ねねね、あーちゃん、こーやるんだよ。」と模範演技まで
見せ付けます。

なのに。。。なのに、で、できない。
介助してもらってクルリと回ると、一瞬自分が縦なのか横なのかが
判らない・・・(笑)



・・・・・とりあえず、一旦停止。
そして、何回目かの休憩時間が終わって、再開の笛を合図に私は、上級者用の
コースに降り立ちました。
そして、深呼吸を整えると、両足で壁を蹴って、クロールに入ります。

隣のコースでチビが私を見ているのが視界に入ります。娘も見ています。
家人は隣のコースで泳ぎ始めました。
ぐんぐん寄ってきて、私を抜きますが、私は「より長く、より美しく」が
モットーですから焦ることはありません。

案の定、家人は25メートルが終わると失速・・・私は時には沈みかける
体をなんとか建て直して1.2.3.1.2.3・・・
そして、娘の目の前で100メートルを泳ぎきりました。

「やるじゃん。思ったより上達早いね」なんて、上から目線。
・・・・・いやしかし、こと水泳に関しては彼女は私の先生です。・・・
ここは黙って受け止めましょう。


いや、ほんとに嬉しいです。
家人は「溺れかけ」と言いますが、娘は「いやそんなことはない。
案外綺麗なフォームでびっくり」と言います。
そして極めつけは私が
「ね、私と家人のフォームはどっちが綺麗?」と、問い詰めると
「うーん。Aちゃんかな。ぱぴ(家人)のは、腕の上がりが足りない。
もう少し上げたほうがよく進むよ。」


ほっほっほっ~~~~~ね??
もう高笑いしかないでしょ?(笑)


・・・・・・・・へへ、どうもこんな自慢話にお付き合いくださって
ありがとうございました。
水泳始めての私の口癖なのですが「耳栓で人生変わりました」(笑)


もちろん公約どおり競泳水着にチャレンジします。
そして、目標はさらに500メートルに。
今は、平泳ぎの足さばきに夢中です。

そして、いつかは沖縄の海にシュノーケルで潜りたいかなと・・・
家人はスキューバーを勧めますが、次に沖縄行くときは、必ずどちらかには
チャレンジしたいなと、おババはまた夢を語るのです・・(笑)
[PR]

by sala729 | 2013-08-23 15:10 | Comments(2)

15日がすぎると、お盆も終わったと感じます。
気温は37度前後でも、この頃にはなぜか「秋の気配」がしてくるのです。
どんなに暑くても・・
どんなに賑やかでも・・・


8月10日のことでした。
我が家に遊びに来たチビが「あーちゃん、ボク昨日夢を見た。」と言います。
「ふーん。どんな?」
私も何気に問い返しました。

「昨日、寝てたらおうちの絵(これは私が娘の結婚祝いに贈ったクリムトの
絵です)の、後ろから男の人が出てきて、おしっこに起きたボクに、お前、
名前なんて言うんやって、聞いてきたの。それで、ボク、きおつけっ!って
して、○○○○(フルネーム)ですって言ったの。」

「ふんふん。それで?」

「そしたら、その男の人が消えたの。でね。その男の人、この人だった。」と
チビは我が家のリビングにある、亡き夫の写真を指差すのです。

「えっ!」

私はもちろん居合わせた娘も家人もびっくり。
しばし言葉を忘れて、チビに見惚れてしまいました。


チビはこの写真の人が見たこともない自分の祖父とは知っています。
5歳児の認識ですからどこまでとは定かではないですが、自分には
あーちゃんといーちゃん。そしてパパ方のじぃじとおかーさん(チビは
お姑さんをこう呼びます)がいる。
そしてみんな呼び方は違うけれど、じぃじとばぁばであることまでは
理解しています。


その夜たまたま電話してきた息子にその話をすると
「ひえっ!そ、それって、お盆につきものの、怪談話じゃないの?」と
怯えた声をあげるのです。


「何言ってるのよ。自分の父親じゃないの。幽霊になってたって何が
怖いのよ。何も怖いはずないでしょ?」


「い、いや、いやいやいや。そ、それは違うでしょ。幽霊はやっぱり
幽霊だし。」

「ふーん。あなたがそんなに怖がるとは思わなかったわね。じゃ、
今夜あたり私のところにパパが来たら、Sがあなたのこと怖がっていた
から、明日の夜は東京に顔だしてって言っとこうかな・・フンフン。」と
少し脅しをかけておりました。


「あなたのところには来ないよ。あなたのところに出たら、チビのこと
脅したのがバレて怒られるの判ってるから出ないよ。」


「あーら。残念。ついでに積り積った恨み言も言うつもりだったのに。」
「だからなおさら出ないよ。そーいうとこ、鋭い人だったもんね。」


隣で会話を聞いていた家人が
「この世では、振り回されましたが、あの世に行ったらTさん(亡き夫の名です)に
Aちゃんのことお返しするよ。あの世ではボクは一人自由に生きるんだぁ~」

「・・・・何言ってるのよ。あの世で生きるって?バカじゃない?
あの世の人はみんな死んでるのよ。
第一、あの世に行ったら、私は二人の男侍らせて、今よりもっと自由に暮らす
のよ。周りの羨望一身に受けてね。」

この私の言葉に家人は絶句し、電話越しの息子は低く呟きました。

「ま、魔女だ・・・」


お盆に魔女は似合わないけど、あってもいいかもね(^^)
[PR]

by sala729 | 2013-08-16 16:43 | Comments(0)

外は熱気と湿気が混ざり合ってまさに「蒸し風呂」状態が続いています。
朝の雨がかえって余分な湿り気を増やしてしまったのでしょう。
外はサウナ状態です。

そんな中、一仕事を終えて、いつもお墓参り時に立ち寄るパン屋さんに
向かった私。
ここの「レーズンクッキーパン」は一番のお気に入りで、これに冷たい
カフェラテがあれば、ひとごこちつくでしょうという期待感も一杯です。

お店に入ろうとすると、その軒先に私よりはかなり年配(もしかしたら
母親くらいかも・・・いやいやそんな120歳なんてことはありませんよ。
そんなバカな・・・~)の、婦人がひさしを立てかけるポールに寄りかかって
いるように見えました。

入り際、気にはなったのですが、一旦お店に入って、でも、なぜかどうしても
気になって引き返して、声をかけてみました。
「大丈夫ですか?」

婦人は少しびっくりしたように私を見上げて
「あ、はい。主人がもう来ますので」と、案外お元気な声で答えます。
しかし、声は元気でも足元もふらついているようですし、体調が悪いのは
あきらかです。

それにしても、お店のすぐの出入り口というのに、店員さんは誰も
出てこようとはしません。
気づいてないのかと思いながら中を覗くと、確かに店内はそこそこ混みあって
いました。
人気店なので、どの時間帯でも、たいていお客はいます。


「ほんとに大丈夫ですか?。車ですからよかったらお送りしますよ。」
婦人はさらに驚いたように私を見て
「いえいえ。ほんとに、もうすぐ主人が来ますので」と、よろよろと
店先を出て、建物のカゲまで歩いていきました。

私が余計な声かけたから居ずらくなったのかと思いながら、どうしょうか
迷っていると、店内から出てきた老齢の男性が婦人に声をかけました。

・・あ、ご主人なんだ。よかった・・・と、一安心。

しかし、老男性は夫人に二言、三言声をかけたものの、自分はさっさと歩いて
行きます。
そのうしろを、婦人がヨロヨロと追っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだかむしょうに腹がたってきました。

もちろんその老男性にもですが、この私にも・・・です。





日頃、なんやかやと偉そうなことをのたまわりながら、こういう場面に出会って
なぜすぐに声をかけられなかったか。
躊躇した自分が恥ずかしくなりました。

電車で席を譲られるくらいですから自分とても、若いとは思っていません(
見た目ですよ。自分では永遠の29歳を自称していますから)
でも、明日はわが身と思ったら、なぜ自然に声が掛けられなかったか。
その一瞬の躊躇が、許せないのです。

相手の反応がどうのこうのは、関係ないのです。
世の中には、とても遠慮深い人もいれば、厚かましい人もいることくらいは
私ぐらい長く生きていれば判ります。

そして人は接しなければ、そのどちらに類するかは判りません。

ですから、そんなことは理由にならないのです。
自分の行動の言い訳にはならないのです。


もしこの場にチビがいたら、私は彼に偉そうなこと言えません。
・・・・一人でいたことを心からほっとしました(笑)



と、ひとしきり反省のあと、猛然とあの冷たい老夫の態度に怒りがこみあげて
きました。
思えば、私の母の時代の女性の多くは、あんな風でした。
自分よりも夫の都合と対面ばかりを優先して、我慢して・・・

通りすがりのご夫婦ですから黙っていましたけれど、あれが私の両親なら
そのままではいなかったでしょうね。
そして、また父との溝が深く広くなったことでしょうね(苦笑)

要するに、自分に正直に生きようとすると、なかなかにしんどくて
メンドクサイと言うことでしょうか。

でも、私はそれでもやっぱりメンドクサイ生き方がしたいですね。
[PR]

by sala729 | 2013-08-02 14:02 | Comments(2)

正直言って、仕事はお暇です(笑)
何年か前の夜も寝ないような、仕事っぷりは「真夏の夜の夢」・・みたいな
昨今です。

それでも、自分に見合った分の仕事は、なんとかこなせておりますので、
これも「幸せな時間」と受け止めております。
もともと、後退とか後戻りとかが大キライで、ナビで「戻ります」と言われたら
迷わず手前で修正する性格です。

・・・・こんな私を「ややこしい性格」と、家人をはじめ家族は指摘しますが
こんな私だからこそ、キミたちの今日があるだぞよと、常々言い諭している
次第です(笑)


そしてこんな私が次の目標にしたのが「100メートル自由形」。
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

はい。はい。判ってますよ。
いくら、ちょっとジムに行くからって、あの「偉大なる運チ(運動オンチの略です)
の、あなたがそんな大それた・・・」との、声は周りから盛大にあがりました。


それは家族だけでなく、娘の幼馴染のUちゃんも「えっ!!オバちゃんが
100メートル自由形!!。あの運動ギライのオバちゃんが!!」と叫び
家人は鼻で笑い、娘はリアクションに困り、チビはなんのことか判らず大はしゃぎ。

じつはこのUちゃん、自由形の選手だったのです。
娘と同じスイミングクラブで競い合い、娘はバタフライ、彼女は自由形です。
家も近所で、彼女の母親とは今も親しくしています。
私には、彼女も娘みたいなものです。
その娘も今では二児の母になっています。

しかし、そんな逆境(?)をものともせず、私は宣言しました。
「100メートルを自由形で泳げるようになったら競泳用の水着を着る!」

「じぇ、じぇ、じぇ!!」
朝のドラマではありませんが、皆の「じぇ」が聞こえたような気がしました。

何を隠そう・・・と、今更何も隠すものとてありませんが・・私、今この
年齢まで、まったく我流の泳法で、手は平泳ぎ、足はバタ足というじつに
摩訶不思議な泳ぎで、若い頃は100メートル。今は25メートルがせいぜい
です。
この泳ぎで通していますから、今年5月に京都のプールで息子から
「よく、あんな格好で泳げるよなぁ」と、侮辱とも諦めとも取れる言葉を
受け取ったものでした。

・・・ふん!自分たちはスイミングスクールで習ってからじゃん。それも
私のおかげでしょ・・・と、毒づきたいのをじっと堪えました。


じつはもう15年位前から、左耳がどうも上手くなくて、耳に水が入ると
いやだからと絶対に顔漬けをしなかったのです。
それが、ジムに通うようになって、家人に勧められ半信半疑で購入した
「耳栓」・・・・いやはやすばらしいです。
これで私の水泳人生変わりました。

さっそく「水泳入門」「はじめてクロール」とレッスンを受け、その
気持ちよさに病みつきになりました。
しかも、1回レッスンのあと、チビたちとプールに行き、泳いでみせると
娘が
「すごいよ。前みたいな溺れかけみたいなのとは大違い。」と、よーく
味わうとちっとも嬉しくない賛辞をかけてくれたのです。


これで気をよくしました。
じつは、今年水着を買い換えました。デパートで並んだ中から何点か試着しま
した。そのなかに競泳用もありましたが、いくらなんでもこのキャリアではねと
諦めておりました。


そんな中での水泳教室です。

みなさん、格好がいいです。失礼ながら私よりもずっと年齢は上とお見受けしますが
すんなりと競泳水着で白いキャップかぶって、行きはクロール、帰りはゆったりと
背泳ぎで25メートルプールをスイスイ・・・・


これで発奮しました。(笑)
はい。単純です。おそろしく・・

でも、今はこれを目標に時間をみつけては、せっせと水泳教室に参加しています。
なんたって、私には個人教授がおります。お昼ごはんで雇える個人レッスンです。
お安いものです。

次の目標を定めてスタートします。

え?・・・漢検ですか?
もちろん次の「準一級」を目指します。
ただ漢字が6000語に増えたので、前回みたいな付け焼刃はもう通用しない
でしょう。
この冬の試験日を目指して予定を立てようと思います。


・・・・・このままもしかし120歳まで生きたらどうしょう・・家族の
困惑した声が聞こえるようです(大笑)
[PR]

by sala729 | 2013-08-01 15:37 | Comments(2)