三日目は、朝から全くのフリータイム。
ゆっくり朝ごはんを食べて、今日の行く先を決めます。
今日の一番は行天宮の参拝から始まります。
ここは、商売繁盛の神様ですから、一応自営の身としては行かない訳には
いきません。

前日と同じような雰囲気ではあるのですが、ここの方が門前での「お供え」売りが
多いこと。
みんなにならって私もひとつ購入すると、門に入るやいなや、中のボランティア
おばさん(?)に、無理やり火のついた長い線香を5本、手渡されます。
もう周りはお香の匂いと煙が充満して、心得違いをして、惨事の現場かと思うほどです。
中央のお線香立てに一本たててお祈りを捧げます。

気が付くと、周りに青色のキョンシー服を着たおばさんが何人もウロウロとしています。
自分自身が祈りを捧げたり、お供えの整理をしたり、参拝者の話を聞いたりしています。
これが、ガイドブックの「青衣のボランティアおばさん」かと、納得。

そして、私の周りの人は昨日のように、おみくじを引くために、何度もあの半円具を
地面に放り出しています。
もちろん、私もやりました。そして三回目。。おおっっ出た。見事な裏表。

意気揚々、番号棒をひこうと周囲を見ますが・・・ない。ない。ない。どこにもない。
周りを見ても、みんな半円具(これ私の造語です。名前ではありませんのでお間違い
ないように・・)を、投げてばかりで次の行動に移る人がいない。

仕方なく、青衣のおばちゃんに声をかけたのだけれど、生憎、日本語が通じない。
・・・・・折角のチャンスなのに・・・

後ろ髪引かれる思いで諦めると、向こうに社務所のようなものが見えます。
そしてそこから出てくるのは家人。
なんで?・・・と、思っていると、
「あのさ、中に日本語の判る人がいるみたいよ。」と、教えてくれます。


・・・へー、なかなか気が利くじゃん。
・・・だって、あのままじゃ、いつまでたっても恨まれそうだもの。逆恨み
だけどね。

こんな会話を互いの心の中で投げつけあって社務所に入ると、メガネをかけて
前髪の一部を紫に染め上げた、どーみても上品に大阪のおばちゃん風の青衣さんが
「なに?・・何がしたい?」と、日本語で聞いてくれます。


「あの、お守りをいただきたいのですけど、どうやって購入したらいいか判らなくて」
もちろん、おみくじのことも聞きたかったのですが、ここの目的は「お守り」なので
まずはこれを聞かなくてはなりません。


「お守りね。お守りはこれよ。」と、机の下からビニールコーティングした赤い紙に
挟まれたカードみたいなものを取り出します。

「あ、おいくらですか?」

「ノンノン。お金はいらない。でもね。お参りのやり方がある。」

・・・・・ここでもお金は要らないって。あぁぁ台湾の神々はなんて心の寛い
方々なんだろうと、またまた感激。

「こーして(紙を目の前に捧げて)自己紹介をしなさい。住所。名前。生年月日。
そして、何をどう守って貰いたいか、具体的にお話してお願いしなさい。
それでオーケーよ。」

「はい。判りました。」

私の隣で、明らかに中国人と思われる女性が、それをまた日本語に直してくれる
のですが
「いや、もう十分判ってるって。」とはいえません。
私が理解できてないのではと、案じてくれているわけですから、ふんふんと大人しく
聞いています。

この中国人と、あの大陸の暴動中国人が同じ「中国人」とはとても思えません。
本当に、人は国籍ではなく「人格」で評されるべきですね。

そんな神様の寛さと人の優しさに感激しているうちに、おみくじのことを聞くのを
すっかり忘れてしまってとてもいい気分で行天宮をあとにしました。

その後は、台北で一番の若者街に・・・
ここで家人が待ち望んでいた「マンゴーかき氷」をいただきます。
小さな洗面器ほどの器に、これでもかっ!とばかりに重ねられた台湾マンゴー。
もちろん、サンプルは見ていましたが、これが130元。

360円なのです。これを二人でひとつというのは・・ちょっとと気後れして
ひとつづつオーダーしたのですが、後から来る女の子たちは平気で三人でひとつ。
五人で二つというオーダーをしています。

当然、食べきれるはずもなく、心苦しい思いをしながら店をでました。

ここで、昨日の問屋街でおみやげを買おうということになり、再び昨日の
街へ・・・。

ちょうどお昼時なので、市場や道に広げられた屋台には人が一杯。
夜市は、夜という環境ですからなんともないところもあるのですが、晴天の下
道に広げられた屋台の食べ物というのは・・・ちよっと手を出すには勇気がいる。

その前に地階市場で、豚をまるごと解体したり、鶏の毛を毟ったりを見るのは
平気なのでけれど・・・・

しかも、風下に居るとなんだか異様な匂いが・・・
これが、有名な「臭豆腐」というものらしいのですが、その匂いの壮絶さに
近寄れなくて、形も見ずに終わりました(笑)
・・・・ドリアンより、強烈でした。

それでも市場の片隅のハンバーガーショップでサンドイッチがいいかと、
家人が並んでくれます。
私は公園の花壇の石に腰掛けて待っていると、ショップの前で、子供を
抱えた女性と家人が話し込んでいます。

5分・・10分・・・15分・・・お、お腹が空いたっ!!!!


ようやく帰ってきて
「あのさ、あの人、日本語の勉強してたんだって。それでいろいろ教えてくれた
のよ。」と、嬉しげ。

「あ、そ。よかったわね。でも、私お腹空いてるんだけど」と、不機嫌な私。
「ごめん。ごめん」

一口大のサンドイッチを頬張ると・・ん?・・あ、甘い??

家人が話したその女性いわく、ここは「朝食用のお店」なのだそうです。しかも
サンドイッチは日本人が思っているよりずっと甘い。

それでも、臭豆腐のとなりでご飯は食べられませんので、いただきました。
慣れれば・・案外いけます。「甘いサンドイッチ」

お昼が終わって、あたこちのお店を覗きながら、結局昨日のお店で、お茶を
あと10袋追加で買って、家人のお目当ての「からすみ」をゲット。
そして、パイナップルとトマトのドライフルーツを購入しました。
台湾のトマトは釣鐘型で、かわいいですが、ドライにすると本当に美味しいです。

どれも「一斤」というのを、半分量にしてもらって、先ほどの女性、お薦めの
「孔子廟」に行くことになりました。

孔子廟は広大な敷地に係わらずこの日は本当に人が少なくて、写真を取り合う
中国人のご夫婦のシヤッターを、この私が押してあげることになりました。

ここで、私が失敗したら、日中戦争の火種になるのかと、いらぬ心配しながら
「ハイ。ポーズ」
ご夫婦は機嫌よく「謝々」と、去っていきました。

この当たりは古い街で、両側にふるーいお店が立ち並んでいます。
その一角のパン屋さん(台北はパン屋さんの多い町です)で、手作りの
パイナップルケーキを購入。何個も試食させていただき、ありがとうございました。
試食でお腹が一杯になりました(笑)
[PR]

by sala729 | 2012-12-08 12:39

話がくどいのと、小分けがすぎるのでなかなか進まなくすみません(^^;)

ともあれ私は龍山寺にものすごーく心を残してここを後にしました。
そのあとの免税店では、家人が涎を垂らしそうな目でお酒の瓶を眺めて
いる姿しか覚えておりません。

しかも、あやつはあろうことか「三本しか買わなかったけど本当はあと三本
買えるんだよね」と、私の胸のうちを探るようにつぶやくのです。

「それは、私の免税分て買えって言いたいわけ?」振り向いた私の顔が夜叉か
魔女にでもなったかのように、家人の顔は恐怖に引き攣って
「い、いや。そーなんだよねって話よ。」と、意味もなく笑っています。

「そんなことに私の権利を使うのは、ゴ・メ・ン・よっ。嫌ですっ。」

判ってたけどさ・・と、つぶやく小さな声は無視。


なんで私が自分の嫌いなものを購入するのに有利な権利を行使してあげなくっちゃ
いけないのよ。
欲しいなら自分で買いなさいよっ。免税分使い果たしたなら、税金払いなさい。


私は、いや。ぜーーーーーったいに嫌です!!!


どうせ出所は同じとはいえ、私はこういうことにはとても拘る性質なのです。
いやなものはいや。いや。いや。いや。いや。・・・・・


と、ここで今日のフリーツアーは終わってひとまずホテルに帰ります。
ロビーの向かい側の、なんでも飲茶で有名という「麒麟」という名のカフェで
コーヒーをいただきます。

ずっと中国茶でしたから、コーヒーのしなやかな苦味が快いこと・・・
もちろん、お薦めのマロンケーキもいただきました。
はい。・・・底知れぬ甘さでした(笑)


お部屋に戻ってシャワーを浴びてさあ、これからが「夜の部」です。


まずは、杜さんに教えてもらった、マッサージのお店に予約をいれます。
ここは、送迎付きなんです。
60分の全身コースにオプションで足ツボマッサージを付けて、さあ開始。



暗くしたお部屋で、ベッドが二つ。個室というかグループで利用できるみたい
です。

「さあ、脱いで。パンツだけね。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・いくらこの年とはいえ、なんと身も蓋も
ない言い方。

上着を脱ぐと、作務衣のようなものを前後逆に着せられます。


私には中年の、家人には若い女性がつきます。

そして上半身のマッサージに入ると、外から男性が二人入ってきて
「足ツボします。大丈夫ですね。」と、片言の日本語で。

なにが大丈夫なの?
そう言えば、息子のお友達が夏に台湾に来て足ツボ、死ぬほど痛かったって
言ってたような・・・

いや・・だ。痛いのはいやだ。いやだぁぁぁぁぁ

「あ、あのう、痛いのは苦手なんですけど・・」と、おそるおそる・・
でも、そういえばシンガポールでもそう言ったけど、聞かなかったかのような痛さ
だったような・・・と、急に不安は増します。

そう思って身構えましたが、言うほどのことはなく、隣の家人が時折
「あたた・・・・うっ。ぐっ・・・あ、うぅぅぅ」と、呻く声をBGMに心地よい
時間がすぎていきました。


全身マッサージは本当に気持ちがいいです。
終わったときは、全身の血流が元気よく心臓に向かって、また心臓から末端に
向かって流れていくのを全身で感じられるようです。

これは・・・癖になります。
施設者も心得たもので「いつ帰る?」と聞くので
「明後日」というと、パンフレットに自分たちの番号を書いて
「今度のときはこの番号でね。」と、ウインクしてきました。
もちろん、私に異存はありません。


マッサージを終えると外はもう真っ暗。

今から、台北の夜の名物「夜市」に行きます。
私たちが泊まるホテルの近くの「士林夜市」は、台北でも一番大きな規模で
やっているらしく、それも楽しみにしていました。

ホテルまでの送迎を夜市までというと、ドライバーさんは快くオーケー。
これも杜さんに聞いており、士林までならそのまま行ってくれるから遠慮
しないで言えばいいとのことでした。


電飾されたような、圓山大飯店を左にみて、車は士林の町に・・・

おぉぉ、すごい人出。

もともと、お祭りの夜店が大好きな私です。こんな雰囲気が嫌いであろう
はずがありません。

立ち並ぶ屋台とお店。行き交う人たち。食べ物と、いろんなものの混じった
不可思議な匂いと風。

なんだか数十年前にタイムスリップしたみたいな気持ちです。

まずは腹ごしらえと・・・近くの屋台もどきのお店に入るとまだ10才位の
女の子が手伝っていました。
壁に貼られたメニューを見ると、台湾名物の「魯肉飯」がなんと30元。
ヤキソバも50元。
・・・・・大丈夫かなと一抹の不安。・・・なにごとも疑り深いもので・・

でも、旅の出会いはこんなもの。ええぃっ!!ままよっ!!と、ばかりに魯肉飯と
ヤキソバ、台湾ビールをオーダー。

ええ、とっても美味しかったです。
台湾のB級グルメに外れなしと書いてあった、るるぶ・・・今回は間違いなしでした。

小さめのおわんやお皿に入っていますから、すぐに食べ終わると、路地にもどって
台湾いちぢくとパイナップル。それに台湾リンゴの切り分けたものを透明カップに
入ったフルーツ盛り合わせを購入。
この、いちぢくの美味しかったこと。日本のものと違って硬い目なのですが、
やめられない。



この夜市は、私の感覚では「アメ横の夜版」といったところです。
食べ物だけでなく衣類も、貴金属もなにもかも売っています。
路上に衣類を並べて突然それを敷物のままくるんで抱えて逃げ出したりするので
何事かと思ったら、違法業者で、警察の摘発受けているところだったり・・
なんてこともあって、まるで映画の1シーンみたいです。


路地はいろいろと入り組んでおり、全部制覇したかどうかはよく判らなかった
のですが、ずいぶんと歩きました。
食べました(笑)
値切りました(笑)

ここは、大人を子供に戻してくれる世界です。
しかも、本当の子供のように大人から叱られることのない楽園世界です。
夜が更けても、更けても、ちっとも静かにならない、大人子供の不夜城です。

私はこの夜市にすっかり嵌ってしまいました。
大人でも子供でもない不思議な世界。ここでの私は自由です。なにも
気にしない。気にならない。考えない。惑わない、夜の自由空間。

ホテルに帰って確認したらこの日、私はこれまでの最高記録17000歩を
記録していました。
[PR]

by sala729 | 2012-12-01 12:48