台風2号が、沖縄を越えひたひたと押し寄せてくるというのに、雨も風もなんのその、私と家人は
今日「プリンセス・トヨトミ」を鑑賞してきました。

台風とはいえ、ワーナーマイカルは大変な人だかりで、雨だからこそどこにも行けず、ここに来たのか
雨なのにここに来たのかは定かではありませんが、上映二日目にしては、そこそこの入りのようです。

原作は、ご存じ万城目学氏。これだけで、大雑把な話の成り立ちは判ってしまいそうですが(笑)
私は同氏の「鴨川ホルモー」も「鹿男あをによし」も、原作を読んでいましたから、映画にもドラマにも
付いていけたのですが、この「プリンセス・トヨトミ」は、原作を読んでおらず、ちょっと不安を押しこめて
見に行ってきました。

ちょっと考えればこれが、京都(鴨川ホルモー),奈良(鹿男)に続く、大阪舞台のこれが、関西三部作の締めだと
いうことは判っていたのに、なぜ読まなかったか、自分のセンスのなさを嘆くばかりです。(もちろん、今から
でも読みますよ。読まないとおちおち眠れない・・なんで??)


映画はよく出来ていました。ストーリーはとても判り易いし、性同一障害か?という中学生や
「ひょうたん」ひとつで、町中が空っぽになるシーンなどは、ばかばかしいというよりも、
やってくれましたねと、密かに喝采したくなるような、小気味よさがありました。

でも、ラストシーンで、この話が、父から息子への、代々伝わるべき口伝のようなもので、それを
通して父と子の・・・なんて話になろうかという方向に持ってきた時に、「やっぱり映画だなぁ」と
思わずにはいられませんでした。

もっとも、原作を読んでおりませんので、結論などは出せるわけがないのですが、原作者の今までの作品を
読んでいた者ならば、きっとこのラストには「待った!」をかけたのではないかと思いますよ。



だって・・・なんのひねりもなければ、盛り上がりもない。
「大阪独立国」という奇想天外な構想を400年以上も守り続けて、大阪中のおじさんたちがお城に集結して
戦いの雄叫びをあげているのに、こんなふつーの終わり方して、私のこの「盛り上がった気持ち」は、どーして
くれるのよっ!と、抗議したい気持ちになりました。


それでも、まとまりという点を考慮すると、やはり充分及第点は得られる作品かなとは思います。




そして、夕方近くに自宅に帰ってきましたが、その途中、二級河川に架かる橋を渡りますが、その
流れる水量の多さにびっくり。

この川は、県下一大きな川とは言われていますが、平生の水量は殆んどなく、我が家の子らが小さな時は
こぶし大の石ころを並べて、チョロチョロ流れる川に石の橋を作ったりしたものでした。


それが、いつもの川幅の何倍もの幅になって、しかも泥色の、まさしく濁流となって、ゴウゴウと
音を立てて流れています。
しかも、ところどころに段差があるのか、そここで水は上がり降りを繰り返し、その度そこが
また濁流になって、車の中から見ても、恐ろしい勢いが迫ってきます。

もう、25年以上も前に、娘のお友達の弟君が、台風後の用水路に誤って落ち、何キロも離れた
下流で遺体となったことがありましたが、それはいまだに恐ろしい出来事で、川の濁流を見るたびに
思い出します。

母としての思いも、今はその母の母としての思いも判るような年齢になって、それでもまざまざと思い出すのは
それほど強烈で怖ろしい出来事であったということでしょう。



今は雨も少し落ち着いたようです。
台風は温帯低気圧になって、さらに北東に進んでいるようです。

もう誰も、誰一人も、犠牲になりませんように・・・
[PR]

by sala729 | 2011-05-29 18:24

母の日の余韻が続く・・・(実際は、なんてことはありませんけどね。)木曜日から、家人は久々の
里帰りをしております。

三年前に祖父が亡くなり、いまは母がひとり暮らす実家ですが、この母がまた面白いのなんのって・・(笑)
今年のお誕生日に、散歩用にと、デジカメを買って用意していのは前述しておりましたが、さらにしばらくして
電話がかかってまいりまして

「あのねぇ、お隣のお兄ちゃんの入学祝に、ウォークマン買ったら、お兄ちゃんがこんな高いもの、
よう貰わん。おばちゃん使いよって、返されたんよ。お店に返しに言ったら、これ今人気のものだから
お客さんが使わんね(佐賀県ですので・・笑)というから、私が使うことにしたんやけど、どうやったら
使える??」

・・・・・これ聞いた、娘はもう大爆笑です。
使い方も判らず、薦められたままに買ってしまう、この無防備。


まわりは、私にそっくりだと、のたまいますが・・・


三日後、それが届きました。
ipodに押されて、影の薄かった、ウォークマンですが、これはなんと歌詞が本体に表示されるので
カラオケ族さんたちに、人気沸騰で、序々に盛り返しているのだそうです。
シルバーの薄型でなかなかおしゃれです。

さっそく電話もかかってきまして

「あのねぇ。私、たかじん好きなんよ(知ってるよと家人。。そりゃそーでしょ。) それから、高橋真梨子ね。
あと、明菜と百恵ちゃん。それから・・・・・・あ、あんまり年寄りのはいらんよ。好きやないし。」と
もう言いたい放題。

結局、500何十曲を、ダウンロードして、セットアップです。


「でもさ、このウォークマン、パソコンないと使えないんだよね。T子さん(家人は母を名前で呼びます)、
それ知らないで買ったんやろうな。」と苦笑い。
結局、充電も本来はパソコンを通してやるらしいのですが、もちろん母にパソコンが扱えるわけもなく、
家電屋さんで、別売りの充電器買ってきていました。(笑)


実家に着いた一日目は、もうそれに夢中で、ずっとそれで遊んでいたとのことで、なんと無邪気と
いうか、世間離れしているというか・・・(笑)




そして、我が家にも、水曜日に、薄いグリーンがかったカーネーションの鉢植えが届きました。
なにこれ ?

なんと、息子からのお届け物みたいです。
今までも、忘れていると、何年かおきに届くということはありましたが、たいていは、ゴディバの
アイスクリームとか、マカロンとか、私の好きな系のものが多かったのですが、カーネーションとは・・

もっとも、彼は中学時代、ホワイトデーに、バレンタインのお返しと、真っ赤なバラの花束を贈って
相手に感激されたり、呆れられたりした、感性ですから、これもあろうかと・・

翌日、訪れた娘が、目ざとくみつけたので、息子から昨日届いたと言うと

「ふーん。それ半額よ。母の日終わって買ったんよ。」と、ぐさっとくるような一言。
しかも、続けて
「私のも、そーだったもん。」
確かに、娘も、当日、こちらは明るい色のカーネーションの鉢植えを持ってきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・は、半額兄妹かっ・・・・安売り兄妹・・・・・ダンピング兄妹・・・・


そーだったのか。クリスマスのケーキと同じということやね。

はいはい。そーだったのね。

花には罪はないけれど「あなたも一日違いで、たいへんよね。」と、カーネーションに語りかけると
うなづいて、ポトリと落ちた・・・・なんてことはありません。(笑)

そんなドラマチックなことが起こるはずはありませんが、この正直者の娘に、どうすれば
「大人の機微」が教えられるかを考えると・・・頭が痛いです。

親の顔が見たいとつぶやいて、鏡の前で立ち尽くす私です。。。。(ため息)
[PR]

by sala729 | 2011-05-13 18:55

今年は、私にも、世の中的にもいろいろなことが、立て続けにあって、気が付いたら
もう、今日は、すっかり「夏日」のような陽気です。

街ゆく人たちも、半袖あり、ノースリーブありと、夏の花がいっせいに咲き乱れたような
華々しさです。
こんな風景を目の当たりにすると、なかなかはかどらない争点の帰結が、陽射しに溶けて
いくようです。
私は、私の出来うる限りのことをする。これしかないことは、当初から判っていたことで
これを、相手方にどう理解してもらえるか。私の本心を本心として受け止めてもらえるか。
それしかないのです。



さて、今日は「「母の日」です。

昨日、娘から写メが送られてきて、コメントに「母親になって、一番嬉しい瞬間かも」と
ありましたので、大体の察しはつきます。

写メには、満面の笑顔で「お母さんありがとう。○○より」と書かれた画用紙を持った
ちびギャングが。
絵画用紙のママの顔も、なかなか見事に描かれてありました。

もちろん、幼稚園の製作図画のひとつなので、顔はまあるく、輪郭は最初から描いて
あります。
それに、目鼻をつけ、髪を加えて(なぜか前髪総立ちで右に流れている。しかも、
まさかの赤髪。笑)


ま、なにしろ、我が家の誰に似たのか、人一倍の「感激屋」の娘ですから、それを
みて、ウルウルとしながら、私に送ってきたことは、容易に想像がつきます。

「これ、待ち受け画面にする」と、第二信が・・・
「はい。はい。なんでもして。」と、私。

判りますよ。母親の気持ちとはそんなものですよ。たぶん・・・そーだったかな。
そんな気がする・・・・そうだったかも・・・



それを見ていた、家人がぽつりと「ねぇ。これお母さんのいない子はどうするの?」と
聞いてくるのです。
うーん。どうだったかなぁ・・・
たぶん、お母さん代わりの、おばあちゃんやお父さんにあてて「感謝」の絵を描くん
じゃなかったかしら??


「あのさ、俺んち、小さい頃は母親と別れて、じいちゃん、ばあちゃんに育てられてた
じゃない。そしたら、一年生のときの運動会で、母親と一緒に徒競争というのがあった
のよ。で、母親はいないし、ばーちゃんは走れるわけないし、どーしょうって思って
たら、先生が呼んでくれて、行ったら、1年上の近所のお兄ちゃんとこのお母さんが
ニコニコ笑って、待っててくれたのよ。それで、そのお母さんが手をつないで、走って
くれて、子供心にも、ほっとしたんだけど、今でも、そんなことしてくれるのかな?」
と、素朴な疑問を口にします。


現代事情はよく判りませんが、うちの子たちが幼い頃は、その近所のお母さんの役目は
先生がしていたような気がします。
そして、お父さんの出番のとき、お父さんがいなかったり、来られてないお子達には
役員のパパが、代わっていました。
(私は、いつも役員やってましたから、亡夫は、八面六臂の活躍で、一躍、S(息子
の名)のお父さん。R(娘の名)のお父さんと、子供達の間で有名になり、本人も
ちよっぴり、それを嬉しがっている風ではありました。(もちろん、天邪鬼ですから
表立っては言いませんが、お風呂にニヤニヤしていたのですから、間違いありません。
笑)



その話をすると、家人は俄然張り切って
「判った。じゃ、ちびギャングのときは、オレがその代理父やるっ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、あなた、
あなた「パパ」じゃないし・・厳密に言えば「ヂヂ」だし(笑)

ちびギャングの代理パパして、他の子供たちの代理父もするってこと??


「もちろん。世の中にしていただいたことは、世の中にお返ししないとね。」

・・・・・・・・・・・・・・・・うーん。それはちょっと違うような気もする
のですが、それでもまぁ、もしも、そんなシーンに遭遇したら、これだけ
やる気見せてるんですから、案外すんなり、代理パパやれるかもね。・・・などと
思ったりする、母の日の会話でした。
[PR]

by sala729 | 2011-05-08 17:48