春は桜・・と、ばかりに高速道路越に見る山々に桜の花が咲き誇りはじめました。
ほんとに、春本番です。
かつて、桜の根の下には、歴代の怨霊が封じられていて、桜の木を切るのは、その怨霊を解き放つことになると、説いたのは「帝都物語」の荒俣宏氏ですが、私は、半分この話を信じています。同じ本に、小学校の二宮金次郎の像もしかり。その重い銅像の下には、邪悪な自縛霊が押し込められており、近年、おばかな自治体が、時代遅れとその像を次々と廃棄しているのは、悪霊の思う壺。まさに愚かな所業とありましたが、これにもなんだか、うなづけるのは私だけでしょうか?

そんな、あやしの世界をふらふらと行きつ戻りつしながら、私たちの前をいろいろな出来事が
右往左往していきます。
そして目の前をふら~り、ふら~~りと行くのは・・・Tキャラではありませんか。
いつものこととはいえ、最近のTキャラの言動は、ますますその奇異さを際だたせ、「一芸に秀でるものは・・」という言葉がひらめまましたが・・これは、ちょっと意味を取り違えているようです・・(私も春の陽気のせいでしょうか・・トホホ)
「どこ、行くんです?」と、つい言葉をかけると、振り返って
「Oリーダーに叱られたの」と、うなだれています。その様子はまるで、子供。(様子はね。容姿・・ではありませんよ。念のため)

「また、なにしたんです?」・・・またって・・・(苦笑)
「なにもしてないわよ。なにもしてないのに・・。ただ、契約書の印紙の代わりに、切手貼っただけよ」と、むきになります。
・・・・・・印紙がわりに切手・・・・って・・・なんで、そうつながるの???
「それだけなのに、すごく怒って、で、私が、じゃ印紙買ってきますって言ったらまた起こるのよ。」
なぜ?という言葉を飲み込み、状況を次々と想像して
「何枚、買うんです?」
「1000枚」・・・・せ、せんまい・・・千枚ってあなたどーするの???
一ヶ月の半分以上出社しないで、月に五枚つかったって17年かかります。
17年ですよ。。。あなたもういないでしょ?
と、突っ込みたいところをぐっと抑えて、「それは、多すぎ」と、一言いうと、拗ねて横を向いちゃいました。
ほんとに、もう・・先月は契約書に会社印おさず、今週は印紙代わりに郵便切手(80円切手です)
仕事ができるのは、認めますが・・それにしても、これじゃ「山下清」じゃないですか。

もっとも自分では「私は、イチローよ。天才は天才を知る」なんて、イチローファンがひっくりかえりそうな暴言を吐いていますが・・。

そして、今日はこれから、海を渡って相談者のお宅に向かいます。
私たちの仕事はまさしく、タイム・イズ・マネーの世界なのですが、Tキャラは、はるか彼方を見つめるような瞳で「ねぇ、Aちゃん。わたしフェリーで行くわ」というのです。
「高速艇ありますよ」と言うと、
「だって、高速艇だったら、デッキにでれないでしょ。海の風に吹かれたいの」と夢見るように言うのです。

あのねぇ・・あなた、何しに行くの??。仕事でしょ。
と、思いつつ、Oリーダーに向き直ると
(いいよ。いいよ。早く行かせなさい。いないほうが、平和・・)と、眼で訴えています。

私は、こうしてTキャラ伝説を書くたびに、一抹の不安を覚えます。これを読んでいただいた
方々が、わが社を誤解しないかということです。
ここではっきり断っておきますが、Tキャラは仕事はできます。これは何度も言いますが、ほんとです。ただ、「基本的人間言語活動」ができないのです。
この余波はいま、多かれ少なかれ、支社全体でかぶっています。被害の多可はもちろんありますが・・・。

しかし、この基本的人間生活欠落人間を、巧みに調教するOリーダーのいる会社・・と、そう判断してください。すべての仕事は、このOリーダーを通してでないと実行されません。
ですから、ご安心ください。仕事の実行にはなんら差し支えはありません。(礼)
[PR]

by sala729 | 2005-04-07 17:58