昨日、出勤前にテレビをみましたら、たまたま流れていたのが
テレビ朝日。
朝は時計代わりですから、どこでもいいんです。
NHKのこともあれば、読売テレビでも、テレビ東京でもいいんですけどね。

すると、その番組のキャスター君が、爽やかな笑顔で「テレビ朝日のアプリが
できました。とても便利になりましたので、みなさんどうぞこちらからどんどん
投稿してくださいね。」と、語りかけるのです。

アプリには、あなたもカメラマン・・みたいなタイトルがついていました。


「ね?,これってどういうことよ?街を歩いていて、事件や事故に遭遇したら
これで撮ってどんどん送れってこと?」
「そーいうことだろうね。」家人はわたくしの怒りアンテナに何が触れたかと
恐々として応えます。

「ばかじゃないの。こんなことしたら、事件や事故のときに、人命救助より
先に写真撮って送りなさい。採用されたら薄謝(か、どうかは知りませんが)
と、あなたのお名前が写真の横にちよこっと載りますよと、おばかどもを
煽っているようなもんじゃない。」

「でも、現実に今の時代、人助けしょうとしても、下手に手を出したら
かえって難癖つけられたり、逆恨みされる時代だよ。人命救助も考える
でしょうよ。」と、家人


「なに言ってるのよ。確かにそんな時代だけど、こんな時代にしたのは誰よっ?
張本人の私達が、それを反省もせず、こんな時代だからって諦めているから
いつまでたっても、よくならないんでしょ?
犯人が捕まったって警察署の前で、子供が゛たむろして、車から降りてくる
犯人をスマホでバシャバシャ撮ったり、犯人の背後でピースサインだしたり
している子たちが、嬉しがるようなもん作って、それをテレビで流して
どうするのよ。」

「じゃ、君は散歩している池で、誰かが溺れていたらどうするのよ?
ちょっとぐらい泳げるようになったからって、助けに入るの?
一緒に溺れるよ。」

「ばっかねぇ。そのぐらい判ってるわよ。もしそうなったら、人を呼ぶとか
廻りの浮きそうなもの探すとか、持ってるスマホで119番するとか、自分の
できることするわよ。
なにも、蛮勇を揮えと言ってるわけじゃないのよ。
携帯を持ったことで、勇気や親切や思いやりより、好奇心や興味や快楽が
勝ったなら、もうそれ以上は助長しない大人になりましょうって言ってる
のよ。」

「誰に??」

「・・・むっ・・・せ、世間によ。テレビ朝日によ。でも、届かないなら
仕方なくあなたに言ってるんじゃない。」
・・・・・くっそぉ(下品な言葉遣いですみません)・・・イタイとこつくなぁ。



と、相変わらずの我が家の朝の会話だったのですが、わたくしは本当に
テレビ局の見識を疑っています。
確かに、出来事を映像で残しておくことも大事でしょう。
でも、それよりも先に大事なことを、まだ若い彼らに教えなくていいのですか?

写真撮って送るよりも先に、今そこにある命・・でしょ。


昨今流行のYouTubeに投稿される、おバカたちが増殖している昨今
こんなアプリを巷に流してどうするのです。

ずーーーっと昔、テレビ創成期の頃、大宅壮一氏が「一億総白痴時代が来た」と
言葉を残していらっしゃいますが、今は携帯電話がそれに代わっているようです。
時代は繰り返す・・・と、いうことでしょうか。
時代に学ばないということでしょうか。
[PR]

by sala729 | 2015-04-14 12:21

<< ツバメ騒動記    意地悪な母性  2 >>