桜の開花宣言が巷に溢れ、これでようやく名実ともに
春はやってきた!・・らしいですね。

先日のお彼岸には、ちびも一緒にお墓参りに行きましたが
その時車中で、ちびが校歌を口ずさみます。
幸か不幸か(つまらないシャレです。お笑いください)ちびの
母である娘も同じ小学校の卒業生ですから、一緒に歌えます。

「あーちゃんは?」
「もちろん、歌えるわよ。」衰えたとはいえ、まだまだ記憶力には自信あり。
小学校も中学校も、ばっちりです。ただ、音程には自信なし・・(笑)

「いーちゃんは?」
「・・・・」

「いーちゃんはどうよ?」
「・・・・」

「な、なんだったかな??」

「ええっ!!!」わたくしたち三人は声を揃えての驚愕符!!!

「校歌、覚えてないなんて・・信じられない。」と娘
「いや、あのオレ、小学校、転校してるから。」
「私だって転校してるけど、大阪のも歌えるよ。」と、さらに疵に塩を摺り込む
娘。

「うーん・いや、あの・・もうずいぶん前やしな。」
「私の方が前だけど、三番までいこうか?」とわたくし。

「じゃ、中学校のは?」助け船のつもりかちびの提案

「う、うん。それが、小学校はまだ歌詞は出んでも、メロディはなんとなく
判るんだけど、中学校はさっぱり。」



「うっそぉぉぉぉぉ」わたくしと娘は声を揃えて、昔のギャル語を発していました

というのも、家人は、中学時代、ブラスバンド一筋で朝な夕な練習漬けの毎日を
すごしていたと聞いております。
県下でも、ブラスバンドで有名な処であったことは事実なのですが、
ちょっと不幸な少年時代だったので、そこにしか自分の居場所がなかったと
同情をひきます(最初はちよっと同情もしましたが、今では、わたくしは、もちろん鼻先で笑って聞いています)

そんな、大切なブラバンの思い出の中に、「校歌」が入ってないわけがないでしょう?
大会のための演奏はもちろんでしょうが、自分の学校の校歌なんて、数え切れない
くらい演奏しているはずでしょ?

それを忘れるなんて・・・マジで「若年性健忘症」を、疑いました。
今でも、疑ってますが・・・


今も、テレビで高校野球の間に校歌が流れています。
家人は、こっそりとPCを開いて、母校の校歌を探し出し、楽譜を見ながら
指でリズムを取っております。
ずっとやっておりますので、たぶんまだ思い出せてないのでしょう。

・・・・・大人になって、いやというほど、タイガース応援歌を歌って、それが
体の沁み付いたと、訳のわからない言い訳を、わたくしが「あら、そうなん」と
信じると思ってかっ!!

母校愛というのは、校歌だけではないにせよ、こんなにも簡単に忘れられちゃうのですね。
先生方、諸先輩諸氏。こんな卒業生をどうぞご寛恕ください。
[PR]

by sala729 | 2015-03-25 12:08 | Comments(2)

Commented by おりがみ at 2015-03-26 00:09 x
家人さん、六甲おろし歌いすぎ?
Commented by sala729 at 2015-03-31 16:25
仰るとおりだと思います。家人の中では、もう日々「六甲おろし」が渦巻いておることでしょう。
近日の連勝に、朝、昼、夜と同じ野球ニュースを見ている
バカ者です。(笑)

<< 意地悪な母性  1    昨今のテスト事情 >>