お隣の大ぶりの白バラが、その頭の重さに耐えかねて殆どが下を向いている
のは、ご愛嬌ですがこの時期の全国のバラはその姿をあちこちで誇っている
ようですね。

お隣のバラに触発されて、その美しさに目覚めた我が家も、来年は
バラを咲かそうかと、猫の額ほどの庭の雑草を家人が一心に抜いておりましたが
もう、遅いのでは・・(笑)

そんなこんなで、お仕事的にはどうかと思うほど時間たっぷりの五月を終えようと
しています(^^:)


そんなこんなで、さきほど近くの郵便局ATMに行ってまいりました。
いつも利用する便利な処ですが、混みあうのが玉に瑕・・です。
二台が塞がっていると、戸外で待たねばなりません。

今日も先客が終わるのを待って私が奥の機械の前に立つと、たまたま
隣も空いて、年配のご夫婦が立たれました。
奥様が奥(私に近い方)ご主人様が出口側です。

カシャカシャと音がして(聞き耳たてている訳ではないのです。隣接して
いるので聞こえてしまうのです。。)ご主人が奥様に
「これ、入れとけ!」と、その年代の男らしい横柄さで命令しています。

小さな声で「はい。」と、応えた奥様が何か動作をしている気配。

「あっ!。おい、こらっ。何しとるんやっ!」と、辺りを憚らぬ声の
ご主人。
・・・・辺りったって、私しかいないんですけどね。



「え?」奥様は何を叱られたか判らぬ様子です。

「そこは、シュレッダーやないか。そんなとこに入れてどうすんやっ。」



あらら・・・そういえば、右の手の辺りに確かにあります、金属製の細い口。
そう言われれば、いかにもお札を入れるのに適した幅と細さ。
入れとけ!と、命令されて、ついそこに手がいったのでしょうか。

それとも、失礼ながらご病気で判断がつかないのか。・・・でも、それなら
連れて来られないでしょうし、連れて来たとしても、「入れろ」と指図するのは
お門違いというものですよね。


奥様は何も反論してないようで声が聞こえませんが
ご主人は
「ほんまに、お前はなにやらしても・・」と、グタグタと言い募ります。

・・・・男のくせにと思いつつ、もっと会話を聞いていたかったのですが、
入り口ガラスの向こうに、次を待っている人影が見えたので、不承不承
そこをあとにしました。


事務所に帰って、事の顛末を家人に話すと
「なにはともあれ、お札をシュレッダーに入れなくてよかったじゃん。
でも、他人事とは思えないよなぁ。いつか、君もするような気がする。」と
真剣な顔して言うのです。

「何言ってるのよ。私はしないわよっ。仕事以外では、お金降ろす用事があっても
自分ではいかない。だから、そんなことはないっ。」
・・・・・・・・・

「そーだよね。めんどくさいもんね。」と、妙にひっかかる言い方です。

昨日チビがやってきたとき
「どっちも好きやけど、あーちゃんは優しいけど難しい。いーちゃんは
優しいし、判りやすいから、いーちゃんのほうが好きかな。」と言われて
気をよくしているのです。・・・単純。

チビも一年生になって、なんとなく周りの事情や、大人の世界を判るように
なってきているらしいです。
もちろん、彼なりの解釈で・・・


・・・・ええ。ええ。難しくて結構よ。
判りにくくて結構ですっ。
[PR]

by sala729 | 2014-05-30 11:36

<< 毎度のことながら・・    爽やかな夏の日 >>