いよいよ、年の瀬も迫りに迫ったというのに、困った夫はあとを絶たず・・。昨日から今朝にかけて、情報の女とラブホにいるとの連絡が調査から入る。
夫とは別れたくないという奥さんのいじらしい心根を知っているだけに、今知らせるべきか
知らせざるべきか大いに迷ったが、ともかく一夜明けるまでまとうとおもっていると、早々に奥さんからメールが届く「昨日の様子はどうでしたか。お友達と飲みにいってるとはおもうんですけど・・」・・・しばしの躊躇・・だかしかし、後日この結果は報告書という形でどうせ知らせなくてはならない。嘘を言うわけにはいかないのだ。事実を積み重ね、そしてそのなかからよりよい方法を一緒に探してあげるのが私の役目。一時の同情で道を誤るわけにはいかない。
・・・ええぃっ!!・・「昨日、彼は女とラブホテルに入りました。詳しいことはまだ連絡がきていません。追ってお知らせしますが、今日はがまんしてくださいね。とても無理なことを承知でお願いしています」・・・
というのも、今日は仮の一族が彼の家に集まる日なのだ。この日に取り乱してはあとあとよろしくない。聡明な奥さんの理性に賭けよう・・・だがしかし、メール送って6時間半。奥さんから
は、なんの返信も届かない。結婚後、夫の機能に問題があって子供に恵まれず、やっとの治療で双子の赤ちゃん。その後も跡取りを・という前時代的な夫の要望にさらに無理を重ねて体外受精で男の子まで無理した奥さんにこの仕打ち・・
許せないではありませんか。しかも、奥さんは健気にもまだやり直したいと訴えているのです。

実は、相談者にはこういう理不尽な夫をもった健気妻が多いんですね。なんで、こんな男に・・とおもうこともしばしば・・。ほんとに、仕事がらみでなかったら独身のK班長、E調査員にも紹介したいとおもったりしてるんですが・・
(K班長の独り言・・子供三人はきついっす・・)
                                ・・・・た、たしかに・・(汗)

かくして、2004年も雪の舞う寒い夜にしんしんとすぎていくのでした。。
[PR]

by sala729 | 2004-12-31 21:04 | Comments(0)

<< 元旦の私達・・    年の瀬だからと言ったって・・ >>